保土ケ谷区版 掲載号:2017年11月16日号
  • googleplus
  • LINE

保土ケ谷消防団 ガチャポン効果で増員 総務大臣から感謝状

社会

秘密兵器ガチャポンを紹介する杉山団長
秘密兵器ガチャポンを紹介する杉山団長
 保土ケ谷消防団(杉山哲昭団長)は昨年度大幅な増員を図り地域防災力向上に大きく貢献したとして先ごろ、野田聖子総務大臣から感謝状を授与された。全国的に消防団員が減少する中、ファミリー層の取り込みが功を奏した。

 災害現場での消火をはじめ、災害発生時の救助・救出、警戒巡視、避難誘導、災害防御など様々な現場で活躍する消防団員。全国ではピーク時の6割にまで減っており、団員の減少に歯止めがかかっていない。

 こうした状況下にあって、横浜市では2012年4月1日現在の7022人を底に、団員は増加傾向にある。今春は7669人で、前年に対して全国一の増加数となった。団員増加の背景には、東日本大震災を契機に施行された法律により、消防団を中核とした地域防災力の重要性などが高まったことが挙げられる。13年にこの法律が施行されて以降、市内の各消防団は、独自の取り組みで団員確保を積極的に進めている。

 保土ケ谷消防団は昨年3月31日現在で348人と52人不足し、4月から400人をめざし地道に活動を続けてきた。その秘密兵器が”ガチャポン”。イベント等で消防団の活動をPRするブースに設置し、アンケートに答えれば無料でできる仕組みだ。カプセルの中身は、消防車のミニカーや消火器の消しゴムなど。「子どもがやりたいと言えば、親御さんはだいたいアンケートに答えてくれる。そのなかで消防団の活動に興味があるかどうかを聞き、興味がある方には住所と名前を書いてもらい後日詳しい説明を行った。これがきっかけで入団した人は多い」と杉山団長は話す。

 なかには「興味があったけど、仕組みを知らなかった」「地元の自営業しかできないかと思っていた」という声もあり、ガチャポンを通じ、ブースにいる団員と話すことで新たに興味を持つ人もいた。そんな地道な活動で今年2月1日には、400人を達成。3%の増員までは認められているため、11月1日現在で405人となっている。

団塊世代定年備え

 これから課題となってくるのが、消防団を支えている団塊世代の定年だ。70歳が定年のため、「ここ3年は特に多く、10人以上が定年を迎える時期もある」と言い、「そのためにも継続的な団員確保が必要で、長く続けられる30代、40代のファミリー層の取り込みにガチャポンが効果を発揮している」と説明する。

 さらに地元の商店と連携し、「保土ケ谷消防団応援の店」を展開している。来店すると団員とその家族はサービスを受けられるなど、新たな取り組みを始め、さらなる増員を図る策を積極的に講じている。

野田大臣から感謝状を受けた
野田大臣から感謝状を受けた

保土ケ谷区版のトップニュース最新6件

「横浜らしさ」を重視

新市庁舎商業施設

「横浜らしさ」を重視

12月14日号

「ねらうは金賞獲得」

保土ケ谷小特別音楽クラブ

「ねらうは金賞獲得」

12月14日号

新型インフル想定し訓練

市民病院

新型インフル想定し訓練

12月7日号

民泊新法受け条例案

横浜市

民泊新法受け条例案

12月7日号

事務負担 軽減化進む

市教職員

事務負担 軽減化進む

11月30日号

ドイツの高校と姉妹提携

桜丘高校

ドイツの高校と姉妹提携

11月30日号

2018年3月オープン

東戸塚に介護付ホーム、介護付有料老人ホーム新設。資料請求、ご入居相談受付中。

http://sweetpea.co.jp/news/office/nursinghome-higashitotsuka

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 成人の矯正治療

    あなたの街の歯医者さんが教えます― 保土ケ谷歯科医師会連載コラム(26)

    成人の矯正治療

    井坂矯正歯科 井坂 文隆

    12月7日号

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年12月14日号

お問い合わせ

外部リンク