高津区版 掲載号:2017年5月12日号

数値でみる川崎と高津No.24 シリーズ

人口150万人を超えた川崎市

川崎市議会議員 ほりぞえ健(けん)

 4月24日、川崎市の人口は150万人を超えました。1924年に本市が誕生した時の人口は約5万人、指定都市となった72年は98万人でしたので、その後の45年間で、人口は5割増えたことになります。

 とはいえ、すべての地域で同じように人口が増えたわけではなく、地域ごとに傾向は大きく違っています。下記のグラフは、本市が7つの行政区にわかれた1982年と現在の人口を行政区別に比べたものです。

 82年当時の本市人口は約106万人でしたので、川崎市全体では35年間で約42%増えたことになります。行政区別に見ると、川崎区は16%、幸区は21%、最近ハイペースで人口増が続いている中原区でも38%と、川崎市南部地区では市全体よりも伸び率は低くなっています。

 逆に北部地区を見ると、高津区は57%、宮前区55%、多摩区48%、麻生区に至っては81%も人口が増えており、今や川崎市の住民の6割近くは高津区以北に住んでいることになります。

 こうした人口動態の変化にきちんと目配りをしていくことが、本市全体の発展のためにも大切であると、私は思います。

川崎市議会議員 ほりぞえ 健

http://www.horizoe.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6件

待機児童数ゼロの実態と今後の対策について

志高く真摯に市政へ 市政リポート㉑

待機児童数ゼロの実態と今後の対策について

6月16日号

行政区で異なる人口のピーク〜新たな将来人口推計

数値でみる川崎と高津No.25 シリーズ

行政区で異なる人口のピーク〜新たな将来人口推計

6月2日号

「子どもファーストの社会へ」

ママにとって子育てしやすい環境を!

「子どもファーストの社会へ」

5月5日号

宮崎・鹿児島の農業施策を学ぶ

志高く真摯に市政へ 市政リポート【20】

宮崎・鹿児島の農業施策を学ぶ

4月14日号

身近なインフラの差が区別投資額の違いに

数値でみる川崎と高津No.23 シリーズ

身近なインフラの差が区別投資額の違いに

4月7日号

教員の多忙化解消に向けて

県政レポート

教員の多忙化解消に向けて

3月31日号

関連記事(ベータ版)

高津区版の関連リンク

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 高津物語

    高津物語

    連載第一〇〇一回「大山街道の医師達」

    6月23日号

  • 高津物語

    高津物語

    連載第一〇〇〇回「コレラ」

    6月16日号

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2017年6月23日号

お問い合わせ

外部リンク

メール版タウンニュース

ライブカフェミッシェル

タウンニュースホール

ケータイ版タウンニュース

ケータイで左のQRコードを読み取るか以下のURLを入力してください。

http://www.townnews.co.jp/m/