神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
高津区版 公開:2024年4月5日 エリアトップへ

意見広告 能登地震を踏まえて災害対応計画の見直しを 教育無償化を実現する会 神奈川県第18区衆議院議員 鈴木あつし

公開:2024年4月5日

  • X
  • LINE
  • hatena

 元日に発生した能登半島地震ではこれまでの地震災害の被害に加えて、陸路の寸断という新たな課題が生起しました。険しい地形と半島という地理的要因が強いものではありますが令和元年台風で大規模水害を経験した高津区においても避難誘導や道路寸断の可能性など、能登半島地震を踏まえて災害対応計画を考慮し直すべきと考えます。

一次物資集積場所の課題

 国が作成した大規模災害マニュアルでは、最初の3日間は川崎市、4日目以降は国がプッシュ型で必要物資などを提供する体制を整えていますが、各避難所に配送する前の一次物資集積場所は川崎区、中原区、宮前区を想定しており、高津区内には現時点で設定されていません。かつ、これらの一次物資集積場所も陸・海・空それぞれの手段ごとに道路の寸断、津波や高潮、輸送量の限界などの課題があり、十分に機能しない可能性を考え、その他の手段を検討しなければなりません。

鉄道を使った支援物資輸送

 そこで国に提案しているのが、鉄道を用いた支援物資輸送です。あまり馴染みがないかもしれませんが、実は東日本大震災の際、燃料が不足した被災地に対して全国から電気機関車を集めて燃料輸送を行った例や、新潟県中越地震の際、ごみ処理場が被災した柏崎市から貨物路線を用いて川崎区浮島までゴミを輸送して処理した例など、災害対策の実績はあります。

 政府が作成した首都直下地震発災時の行動計画では陸路を主体とした輸送計画を立てていますが、これに鉄道輸送の可能性を追記するだけでとりうる災害対策の幅が大きく広がり、例えば梶ヶ谷貨物ターミナル駅を災害支援物資集積場所として高津区内に向けて物資配送を行う、などの使い方が考えられます。

鈴木敦

川崎市中原区木月2丁目4番3号 TFTビル2階

TEL:044-872-7182

https://www.suzuki-atsushi.com/

高津区版の意見広告・議会報告最新6

「ふるさと納税」について

県政報告

「ふるさと納税」について

⽇本維新の会 神奈川県議会議員 日浦 和明

5月24日

1年を振り返って(近況報告含む)【2】

市政報告vol.010

1年を振り返って(近況報告含む)【2】

日本維新の会 川崎市議会議員 岩田ひでたか

5月10日

「くにこ」の県庁見聞録

小川くにこ県議にインタビュー 編集・制作/政策科学総合研究所 連載256回

「くにこ」の県庁見聞録

女性支援新法施行

5月10日

人口増にブレーキ?転機を迎える川崎市

数値でみる川崎と高津 No.110 シリーズ

人口増にブレーキ?転機を迎える川崎市

みらい川崎市議団 ほりぞえ健(けん)

5月3日

1年を振り返って(近況報告含む)【1】

市政報告vol.009

1年を振り返って(近況報告含む)【1】

日本維新の会 川崎市議会議員 岩田ひでたか

4月12日

能登地震を踏まえて災害対応計画の見直しを

意見広告

能登地震を踏まえて災害対応計画の見直しを

教育無償化を実現する会 神奈川県第18区衆議院議員 鈴木あつし

4月5日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

高津区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

高津区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook