青葉区版 掲載号:2015年5月21日号 エリアトップへ

ダブルダッチ 美しが丘のチーム 世界へ 小5・6の国内大会制す

スポーツ

掲載号:2015年5月21日号

  • LINE
  • hatena
左から秋元さん、荒木君、大湊さん
左から秋元さん、荒木君、大湊さん

 2本のロープで、縄跳びのスピードや技を競うダブルダッチで、「美しが丘ダブルダッチクラブ」のチーム、ミラクルダッチが、6月11日からニューヨークで開かれる世界大会「アニュアル・ADDL・ワールド・インビテーショナル・チャンピオンシップ」に出場する。チームに所属する荒木一瑳(かずさ)君(市立美しが丘東小・6年)と秋元むく萌(も)さん(市立美しが丘小・6年)、大湊(おおみなと)唯さん(川崎市立柿生小・6年)は現在、同大会に向けて特訓中だ。

 同チームは今年1月、日本ダブルダッチ協会が主催する国内予選「ジャパンオープン2015ジュニア」に出場し、11チームが競った小学5・6年生の部(シングルス)で優勝。世界大会出場権を手にした。

 世界大会はジャパンオープン同様、2分間で飛べる回数を競う「スピード」と、1分間に盛り込んだ技の平均点の高さ等を競う「フリースタイル」の総合得点で評価される。同チームは5月3日の練習中、この「スピード」競技で小学生の日本記録348回を上回る、353回をマーク。9日には370回を打ち出した。世界大会で日本記録を超すことができれば、正式に日本記録が更新されることになる。コーチの富田誠司さんは「並外れた集中力が3人の強さ。大会までスランプに入ることなくペースを維持し、日本記録を更新したい」と語気を強める。

姉見て競技の道に

 練習場所は美しが丘小学校の体育館。2分間で飛ぶ総数から、10秒ごとに飛ぶ回数を算出し、少しずつ時間を長くしてペースを維持する練習をひたすら重ねる。

 ロープを回す秋元さんと大湊さんの姉2人は、同チームの元メンバーで、一昨年に世界大会を制覇した。「目標にしていた姉を、いつか超したい」と大湊さん。秋元さんは「ミスをなくすために工夫を凝らし、大会で全て生かしたい」と話す。

 「スピード」でジャンプを担当する荒木君も姉を見て競技を始めた。飛びながら回数をカウントしているという荒木君は「数えた方が足も付いてくる。楽しみながら、優勝したい」。

 3人は日本記録の更新を目指し、6月の世界大会に臨む。

練習に励むメンバー
練習に励むメンバー

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6

郵便局の仕事を体験

郵便局の仕事を体験 社会

児童600人が参加

11月25日号

「生理の貧困」を支援へ

「生理の貧困」を支援へ 社会

市社協など、寄付金募集

11月25日号

実は深いドイツとの繋がり

美しい緑溢れる

緑区

美しい緑溢れる 文化

11月25日号

あおば子ども食堂再開へ

あおば子ども食堂再開へ 社会

12月から4カ所で

11月25日号

自然豊かな長寿のまち

青葉区

自然豊かな長寿のまち 社会

11月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 11月4日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第17回『元々、目が良かったのに60歳を過ぎて遠くも近くも見えにくくなってしまいました』

    11月25日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第20回「お子さんと一緒に成功体験を重ねましょう」

    11月25日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年11月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook