青葉区版 掲載号:2015年5月21日号 エリアトップへ

ダブルダッチ 美しが丘のチーム 世界へ 小5・6の国内大会制す

スポーツ

掲載号:2015年5月21日号

  • LINE
  • hatena
左から秋元さん、荒木君、大湊さん
左から秋元さん、荒木君、大湊さん

 2本のロープで、縄跳びのスピードや技を競うダブルダッチで、「美しが丘ダブルダッチクラブ」のチーム、ミラクルダッチが、6月11日からニューヨークで開かれる世界大会「アニュアル・ADDL・ワールド・インビテーショナル・チャンピオンシップ」に出場する。チームに所属する荒木一瑳(かずさ)君(市立美しが丘東小・6年)と秋元むく萌(も)さん(市立美しが丘小・6年)、大湊(おおみなと)唯さん(川崎市立柿生小・6年)は現在、同大会に向けて特訓中だ。

 同チームは今年1月、日本ダブルダッチ協会が主催する国内予選「ジャパンオープン2015ジュニア」に出場し、11チームが競った小学5・6年生の部(シングルス)で優勝。世界大会出場権を手にした。

 世界大会はジャパンオープン同様、2分間で飛べる回数を競う「スピード」と、1分間に盛り込んだ技の平均点の高さ等を競う「フリースタイル」の総合得点で評価される。同チームは5月3日の練習中、この「スピード」競技で小学生の日本記録348回を上回る、353回をマーク。9日には370回を打ち出した。世界大会で日本記録を超すことができれば、正式に日本記録が更新されることになる。コーチの富田誠司さんは「並外れた集中力が3人の強さ。大会までスランプに入ることなくペースを維持し、日本記録を更新したい」と語気を強める。

姉見て競技の道に

 練習場所は美しが丘小学校の体育館。2分間で飛ぶ総数から、10秒ごとに飛ぶ回数を算出し、少しずつ時間を長くしてペースを維持する練習をひたすら重ねる。

 ロープを回す秋元さんと大湊さんの姉2人は、同チームの元メンバーで、一昨年に世界大会を制覇した。「目標にしていた姉を、いつか超したい」と大湊さん。秋元さんは「ミスをなくすために工夫を凝らし、大会で全て生かしたい」と話す。

 「スピード」でジャンプを担当する荒木君も姉を見て競技を始めた。飛びながら回数をカウントしているという荒木君は「数えた方が足も付いてくる。楽しみながら、優勝したい」。

 3人は日本記録の更新を目指し、6月の世界大会に臨む。

練習に励むメンバー
練習に励むメンバー

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6

土師野隆之介さんが主演

青葉区出身

土師野隆之介さんが主演 文化

「ロボット修理人のAi(愛)」

7月22日号

足こぎ車いすを寄贈

神奈川ロイヤル

足こぎ車いすを寄贈 社会

あおば支援学校に5台

7月22日号

初の採蜜で5kgの成果

初の採蜜で5kgの成果 社会

ハニービープロジェクト

7月22日号

交通事故防止を啓発

青葉警察署

交通事故防止を啓発 社会

疲労運転や暑さに注意

7月22日号

もてぎで初優勝

カートレース

もてぎで初優勝 スポーツ

もえぎ野小の坂野君

7月22日号

「働く女性」活躍を推進

検証・林市政の12年〈下〉

「働く女性」活躍を推進 政治

管理職割合目標は未達

7月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第13回『結膜炎はうつりますか?』

    7月22日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年7月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter