神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2015年6月11日 エリアトップへ

たまプラテラス 初の地域貢献大賞 まちづくり活動など評価

経済

公開:2015年6月11日

  • LINE
  • hatena
たまプラーザ駅直結の同施設
たまプラーザ駅直結の同施設

 美しが丘の大型商業施設「たまプラーザ テラス」が先月、一般社団法人日本ショッピングセンター(SC)協会が選ぶ「地域貢献大賞」の最上位にあたる大賞(倉橋良雄賞)を初受賞。全国3千カ所以上の加盟店から選ばれた。

 評価基準は暮らしへの貢献度や地域との共生、まちづくりへの貢献度など6項目。地域交流の中核としての役割をはじめ、大小の店舗や商店会、自治会が一体で地域活性化に取り組む「we love tamaplaza project」(小西郁良会長)など継続的な活動が評価された。テラスの小西総支配人は「地域のお客様のご支持とスタッフの尽力のたまものです。長年地域に生かされてきた施設として、今回の受賞を励みに一層地域に貢献し、恩返ししていきたいと思います」とコメントしている。

 (株)東急モールズデベロップメント(東京都渋谷区)が運営するたまプラーザ駅直結の同施設は、2007年に開業。店舗面積は約6万平方メートルで、148店舗がある。

 地域貢献大賞は、2004年創設の「日本SC大賞」に続き、08年に誕生した。2つの大賞は同協会が2年に1回選考。地域貢献大賞は大賞や地域貢献賞、日本SC大賞は金・銀・銅賞のほか特別賞や部門賞などが設けられている。

青葉区版のローカルニュース最新6

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「白内障や緑内障以外で60代以降に多い目の病気」 コラム【35】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    6月13日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook