青葉区版 掲載号:2015年8月27日号 エリアトップへ

(PR)

あの人は今「たまプラ男」 今も「出会い」の大切さ胸に 鮨職人・安心院(あじみ)さんに聞く

掲載号:2015年8月27日号

  • LINE
  • hatena
たまプラでは地域活性化に尽力し、人との「出会い」を大切にしてきたという安心院さん
たまプラでは地域活性化に尽力し、人との「出会い」を大切にしてきたという安心院さん

 たまプラーザで「味なら鮨心と定評の鮨店」として支持を集め、昨年1月に28年の歴史に幕を下ろした「鮨心」。閉店後、親方の安心院博信さん(57)は、鮨職人として都内で再スタートを切っている。

 本業の傍ら、たまプラで「ブランドの会」立ち上げや「ザ音頭」の作詞・制作に携わってきた安心院さん。地元をこよなく愛した「たまプラ男」の、その後を追った。

人生の集大成に

 昨年3月から鮨職人の道を歩み、粋なまち浅草や新宿の高級店を経て、マグロ屋経営の鮨店「つきじ鈴富」へ。二子玉川のデパートで調理場責任者を務め、今年7月からは、都内のホテルニューオータニ店(【電話】03・3239・5599)に配属。若い先輩たちの指導を受け、切磋琢磨しながら充実した日々を過ごしているという。

 この店の社長からは「安心院さん、当店で鮨職人として骨を埋めてください」と激励の言葉も。自らもその決意を口にする。

 浅草にいたときには、「鮨心」時代の常連客だった大手企業の代表がお店に来てくれたこともあったという。「たまプラでは家族総出でやってたから、子どもの近況を気遣ってくれたりして嬉しかった」と笑顔を見せる。今、勤務中のお店は「ホテル価格でちょっと高め」というが、「早速2回も来ていただいたお客様もいる」と語った。

 安心院さんの近況はホームページ(【URL】http://www.ajimi.org)に掲載中。

安心院 博信

「鈴富 ホテルニューオータニ店」勤務

TEL:03-3239-5599

http://www.ajimi.org/

5/27家族葬一般葬の相談会

費用・内容など個別のご相談を承っております。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

廣田新聞店

新聞販売、折込広告の企画・編集・印刷、ポスティング

https://hirotarian.ne.jp/

<PR>

青葉区版のピックアップ(PR)最新6

『兄弟3人、引き継ぐ家は1つだけ…』

初開催(5回シリーズ)

『兄弟3人、引き継ぐ家は1つだけ…』

基礎からわかる「相続勉強会」 横浜銀行/UMECOの2会場

5月18日号

家、食べられてない!?

家、食べられてない!?

ダスキン東寺尾シロアリ駆除お得に

5月16日号

「ベイビーハープ弾いてみて」

「ベイビーハープ弾いてみて」

楽しむ講座6月に

5月16日号

1800種のバラ見頃

1800種のバラ見頃

横浜イングリッシュガーデン

5月16日号

すすき野、虹ヶ丘でお仕事

すすき野、虹ヶ丘でお仕事

店舗通勤なしでOK

5月16日号

気持ちよく歌えるボーカル

楽しい!

気持ちよく歌えるボーカル

「USボーカル教室」青葉台校

5月16日号

光の演出から電球交換まで

武蔵野電設株式会社

光の演出から電球交換まで

電気一筋45年の技術力。

5月1日号

あっとほーむデスク

  • 2月7日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 9月13日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月18日号

お問い合わせ

外部リンク