青葉区版 掲載号:2016年4月7日号 エリアトップへ

「森ノオト」が受賞 ボランタリー活動奨励賞

社会

掲載号:2016年4月7日号

  • LINE
  • hatena
賞状を手にする北原代表
賞状を手にする北原代表

 青葉区を拠点に田園都市線沿線地域のエコ情報をウェブで発信するNPO法人森ノオト(北原まどか代表)が、2015年度ボランタリー活動奨励賞を受賞した。これは、神奈川県の事業「かながわボランタリー活動推進基金21」の一つ。地域社会への貢献度が高く、他のモデルとなるような実践的な活動に自主的に取り組む団体や個人を表彰するもの。15回目となる今回は5団体が表彰を受け、青葉区からは森ノオトが唯一の受賞となった。

 同団体は「環境問題をわかりやすくおしゃれで、誰もが入りやすい仕組みにしている」「戦略的な事業展開で、起業や市民活動に巻き込んでいく手法にモデル性がある」と評価を受けた。3月23日に行われた表彰式で北原代表は「子育て世代の主婦たちが、等身大で地域の情報を発信しながらさまざまなイベントやワークショップを展開してきた。美しい地球と地域を伝えるために、これからも明るく楽しく、チャーミングに活動したい」とあいさつした。

身近な「エコ」実現目指す

 森ノオトは2009年、さつきが丘の工務店「(株)ウィズハウスプランニング」の委託事業として始まり、13年にNPO法人化。主にウェブメディアと環境啓発イベントの開催の2本立てで活動している。現在86人の会員がおり、リポーターとして取材や記事作成を担当する女性メンバーが40人ほど在籍。地元で活動する人・店へのインタビューや暮らしのエコ情報を発信するほか、地産地消マルシェや環境啓発ワークショップの企画など、精力的に活動している。

 「青葉区から都市型のエコなライフスタイルを提案したい。関わってくれる人がどうエコに一歩踏み出せるかを常に考えている」と北原代表。認知度も広がり「森ノオトのリポーターになりたい」という女性の声も増えている。「地域がすごく元気で、その担い手がお母さんたち、というのが理想。楽しみながらトレンドとしてエコを実現できるしかけを作っていきたい」

青葉区版のローカルニュース最新6

「福祉に役立てて」

「福祉に役立てて」 社会

企業・個人が社協に寄付

6月30日号

日体大で脳死移植の授業

日体大で脳死移植の授業 教育

支援協会が講師に

6月30日号

入選作品を展示

あおば美術公募展

入選作品を展示 文化

7月9日から

6月30日号

地域ボランティア募集

地域ボランティア募集 教育

中高生対象

6月30日号

34団体のコーラス響く

34団体のコーラス響く 文化

7月2日、都筑公会堂で

6月30日号

ヘルスメイト食育パネル展

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

    『まぶたのできものが中々よくならず困っています』

    6月30日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第25回「親が教育者、身近なことから“今”を教えよう」

    6月30日号

  • 学校から見た運動部の地域移行

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉑

    学校から見た運動部の地域移行

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    6月23日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月4日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook