神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2016年4月21日 エリアトップへ

住民の潜在「スキル」 橋渡し たまプラ合同会社 地域サービス開始へ

社会

公開:2016年4月21日

  • LINE
  • hatena

 合同会社「たまプラ・コネクト」(青葉区美しが丘)が、スマートフォンのアプリを通じた地域共助サービス「たまコネ」の運用に向けて準備を進めている。

 「たまコネ」とは、たまプラーザ周辺住民でスキルを持った人を発掘し、それを求めている人とマッチングするサービス。例えば「古いレコードをきれいにします」など、住民の多様な特技や好きなことを、有料で提供してもらおうというもの。顔と顔が見える取引が基本で提供・受け手側ともに「近所」限定での実施を想定している。

 アプリはシャープ(株)がクラウド技術を用いて開発。2月から実験的にアプリのダウンロードを始めている。またアプリが使えない人でも参加ができるよう、会場を設けての開催や電話での依頼もできるようにする。

入札イベント開催

 4月9日には、アプリを介さない入札イベント「サイレントオークション」の3回目を3丁目カフェで実施=写真。店内に27件の出品内容が掲示され、希望者が入札した。

 「元々地域で助け合いをする新たな仕組みを作りたかったが、提供側に義務感が生まれると続かない。皆がやりたいことをやり、必要としている人とつなげようと考えた」と、たまプラ・コネクトで同事業を担当する藤本孝さんは話す。

 きっかけは約2年前。地域の課題解決を目指す「次世代郊外まちづくり」の住民創発プロジェクトに参加していた岸本泰之さんが「地域向けのマッチングサービスをしたい」と話をしたこと。メンバーの藤本さんも同じ考えを持っていたことから、シャープ(株)に勤めていた岸本さんが社内事業に企画を提案し、実現した。岸本さんは「その場限りの取組みでなく、ちゃんと仕組みをつくりたかった」と話す。たまプラ・コネクトは「今後もイベントを開催し、適したサービスを把握しながら進めていく」としている。

青葉区版のローカルニュース最新6

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「白内障や緑内障以外で60代以降に多い目の病気」 コラム【35】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    6月13日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook