青葉区版 掲載号:2018年1月25日号 エリアトップへ

青葉区民生委員児童委員協議会会長として2月2日に講演会を開催する 吉村 春美さん 美しが丘在住 71歳

掲載号:2018年1月25日号

  • LINE
  • hatena

隣近所が仲良い地域に

 ○…生活や福祉などの相談や援助、また、子どもの見守りや子育て支援を担う民生委員・児童委員。昨年、民生委員制度100周年の節目を迎え、青葉区民生委員児童委員協議会として記念講演会を青葉公会堂で行う。テーマは「地域のつながりを作るために」。主催者として「住んでいる地域に対して気にかけてくれる人が1人でも増えてくれれば」と期待を込める。

 ○…港北区元石川町(当時)で農家に生まれ育つ。「昔は田んぼが広がる田舎だった」と振り返るが、急速な都市化を目の当たりにしてきた。戦後の区画整理で専業農家ではなくなり、高校卒業後は国鉄に就職。有楽町駅などで駅員として勤め、父親の看病を機に40代半ばを前に退職。地元で自治会活動に関わるようになり、1998年に民生委員に選出。以来、地域のつなぎ役、相談役として20年が経つが「国鉄時代から地方出身の同僚の相談にのることがよくあった」と笑う。

 ○…区内では322人の民生委員・児童委員が活動を続ける。核家族化や高齢化が進み、地域のつながりも薄くなっている中、高齢者や子育て世帯の孤立を防ぐ役割の重要度は増すばかり。だが、思いは「隣近所が仲の良い地域にしたい」とシンプルだ。「困っている人を行政などにつなげる橋渡し役。一人で悩ませず、地域で支え合いができれば」。地域をつなげる思いは、伝統文化の継承にも注がれる。江戸時代から続く牛込獅子舞の保存会会長を務め、驚神社の秋祭りに向けて子どもたちに踊りの指導も続けている。

 ○…民生委員・児童委員の担い手は減少傾向にある。継続的な活動を目指し、

行政や関係機関と連携して負担を軽減していくことなど課題もあるが、モットーは「前向き」でいること。「困ったことや大変なことがあっても、前向きに努力していきたい」とまっすぐに語る。思いを胸に、次世代に地域をつなげるやりがいと大切さを伝えていく。

青葉区版の人物風土記最新6

神谷 信行さん

青葉区民芸術祭コーラス部会の部会長として「青葉コーラスのつどい」を運営する

神谷 信行さん

荏子田在住 73歳

6月30日号

三枝(さえぐさ) 和江さん

青葉区食生活等改善推進員(愛称・ヘルスメイト)の会長を務める

三枝(さえぐさ) 和江さん

すすき野在住 65歳

6月23日号

中村 茂さん

恩田駅前の遊歩道のアジサイを維持している水辺愛護会奈良川かわせみ会会長の

中村 茂さん

あかね台在住 71歳

6月16日号

高野 眞希さん

ラグビー女子日本代表として5月のオーストラリア遠征で活躍した

高野 眞希さん

美しが丘西出身 26歳

6月9日号

金子 茂文さん

中里連合自治会の会長に4月23日に就任した

金子 茂文さん

鉄町在住 73歳

5月26日号

神谷 百(もも)さん

横浜繊維振興会による10代目横浜スカーフ親善大使に選ばれた

神谷 百(もも)さん

都筑区在住 19歳

5月19日号

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

    『まぶたのできものが中々よくならず困っています』

    6月30日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第25回「親が教育者、身近なことから“今”を教えよう」

    6月30日号

  • 学校から見た運動部の地域移行

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉑

    学校から見た運動部の地域移行

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    6月23日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook