青葉区版 掲載号:2018年1月25日号 エリアトップへ

青葉区民生委員児童委員協議会会長として2月2日に講演会を開催する 吉村 春美さん 美しが丘在住 71歳

掲載号:2018年1月25日号

  • LINE
  • hatena

隣近所が仲良い地域に

 ○…生活や福祉などの相談や援助、また、子どもの見守りや子育て支援を担う民生委員・児童委員。昨年、民生委員制度100周年の節目を迎え、青葉区民生委員児童委員協議会として記念講演会を青葉公会堂で行う。テーマは「地域のつながりを作るために」。主催者として「住んでいる地域に対して気にかけてくれる人が1人でも増えてくれれば」と期待を込める。

 ○…港北区元石川町(当時)で農家に生まれ育つ。「昔は田んぼが広がる田舎だった」と振り返るが、急速な都市化を目の当たりにしてきた。戦後の区画整理で専業農家ではなくなり、高校卒業後は国鉄に就職。有楽町駅などで駅員として勤め、父親の看病を機に40代半ばを前に退職。地元で自治会活動に関わるようになり、1998年に民生委員に選出。以来、地域のつなぎ役、相談役として20年が経つが「国鉄時代から地方出身の同僚の相談にのることがよくあった」と笑う。

 ○…区内では322人の民生委員・児童委員が活動を続ける。核家族化や高齢化が進み、地域のつながりも薄くなっている中、高齢者や子育て世帯の孤立を防ぐ役割の重要度は増すばかり。だが、思いは「隣近所が仲の良い地域にしたい」とシンプルだ。「困っている人を行政などにつなげる橋渡し役。一人で悩ませず、地域で支え合いができれば」。地域をつなげる思いは、伝統文化の継承にも注がれる。江戸時代から続く牛込獅子舞の保存会会長を務め、驚神社の秋祭りに向けて子どもたちに踊りの指導も続けている。

 ○…民生委員・児童委員の担い手は減少傾向にある。継続的な活動を目指し、

行政や関係機関と連携して負担を軽減していくことなど課題もあるが、モットーは「前向き」でいること。「困ったことや大変なことがあっても、前向きに努力していきたい」とまっすぐに語る。思いを胸に、次世代に地域をつなげるやりがいと大切さを伝えていく。

青葉区版の人物風土記最新6

福永 奨(しょう)さん

プロ野球ドラフト会議でオリックス・バファローズから3位で指名された

福永 奨(しょう)さん

国学院大学在学 22歳

10月21日号

古澤 拓也さん

WOWOW/パラ神奈川SCに所属し、東京パラリンピック車いすバスケ男子で銀メダルを獲得した

古澤 拓也さん

桐蔭横浜大学出身 25歳

10月14日号

中島 敦志さん

9月16日付で青葉警察署長に就任した

中島 敦志さん

青葉区在勤 58歳

10月7日号

吉田 直人さん

横浜市歯科医師会の会長を務める

吉田 直人さん

南区在勤 62歳

9月30日号

池上 啓二さん

青葉区老人クラブ連合会の会長を務める

池上 啓二さん

鴨志田町在住 76歳

9月23日号

田中 雄大(たけひろ)さん

たまプラーザエリアの地域情報サイト「TamaPlan」を運営する

田中 雄大(たけひろ)さん

あざみ野在住 25歳

9月16日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    10月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook