神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2024年4月25日 エリアトップへ

第7回介護施設AWARD2023 で大賞を受賞したスタジオ&カフェBALENAで施設長を務める 山下 侑哉さん 宮前区在住 31歳

公開:2024年4月25日

  • X
  • LINE
  • hatena

人生を変え、支えていく

 ○…「デイサービスらしからぬデイサービスを作りたい」。カフェのような空間で運動と食事、社会参加の機会をシニアに提供している元石川町の「スタジオ&カフェBALENA」。その他にも体操教室や靴の販売、栄養相談など、100歳まで健やかに暮らすための取り組みを続け、全国の介護事業者が「見学したい施設」として選んだ介護施設AWARDで大賞に選ばれた。開所5年目での快挙に「うれしいし、自信になった」と人懐っこい笑顔を見せる。

 ○…南区出身のはまっ子。藤嶺学園藤沢高校で甲子園を目指す球児だったが、2年の秋に左肩を脱臼したことが転機に。リハビリ担当の理学療法士がけがの回復だけではなく、パフォーマンス向上まで考えてくれたことに感銘を受けた。けがを乗り越え、3年の夏にはレギュラーとして大会に。「人生を変えてくれた」と進路は迷わず理学療法士の道を選んだ。

 ○…「歩く」「立つ」「座る」など、シニアの基本動作能力を回復させて高齢者を元気にしていくのが理学療法士としての役割。自分がそうだったように「人生を変えられたら」と思いを語る。「利用者と話をするのが楽しくて仕方ない」と語る姿に充実感を漂わせるが、これからは仲間を増やし、自分たちが作り上げた事業モデルを全国に広げていくのが目標だ。

 ○…家庭に戻れば4歳と2歳の子を持つ父親。子煩悩で休日は家族で出かけるのが恒例だ。ベイスターズのファンで、野球観戦をしながらお酒を飲むのが楽しみ。「超一流の選手も好きだけど、この人がいるからチームが輝く、そんな選手が好み」と話した上で、「仕事も同じ。シニアの人生を下支えする、縁の下の力持ちになれたら」。シニアに寄り添い、これからも支え続ける。

青葉区版の人物風土記最新6

吉村 望さん

小学生女子サッカーチーム「FCすすき野レディース」の代表を卒団する

吉村 望さん

すすき野在住 75歳

6月13日

斉藤 秀樹さん

青葉台連合自治会の会長に就任した

斉藤 秀樹さん

若草台在住 84歳

6月6日

川本 泰之さん

6月1日、2日に行われる第43回横浜開港祭実行委員会の委員長を務める

川本 泰之さん

中区在住 35歳

5月23日

岩田 武司さん

4月1日に2024年度神奈川県弁護士会の会長に就任した

岩田 武司さん

中区山手町在住 57歳

5月16日

綱河 功さん

青葉土木事務所の所長に着任した

綱河 功さん

横須賀市在住 58歳

5月9日

浅原 誠治さん

4月1日にオープンした多目的アリーナ「横浜BUNTAI」の館長に就任した

浅原 誠治さん

中区在勤 52歳

5月2日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「白内障や緑内障以外で60代以降に多い目の病気」 コラム【35】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    6月13日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook