神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2024年4月4日 エリアトップへ

3月19日付で青葉警察署の署長に着任した 鎌田 純さん 市ケ尾町在住 58歳

公開:2024年4月4日

  • X
  • LINE
  • hatena

やるべきことをしっかり

 ○…青葉区が区制20周年に沸いていた今から10年前に、警務課長として青葉警察署に勤務。「今年が30周年と聞いて感慨深い」と呟く。外国人に係るテロリズムの警備・犯罪捜査に携わる外事第二課長から、青葉署の顔に。全署員を前にした訓示では「やるべきことをしっかりやる」「明るく仕事をしよう」と呼び掛けた。「署員が規律を守り、コミュニケーションを取りながら士気を高めて仕事ができれば、安全で安心できる青葉区の実現に繋がっていく」

 ○…相模原市緑区の自然の中で伸び伸び育ち、サッカーと野球に夢中になった。中学校では「坊主頭が嫌でサッカー部を選んだ」と笑う。進路を考え始めた大学時代、県職員だった父に勧められたのが公務員。とりあえず願書を取りに行った駐在所で、「社会貢献ができる」「やりがいがある」「人に感謝される」と仕事の魅力を聞かされ、警察官になることを決意した。以来、一筋に36年。「今振り返れば、駐在さんの言葉を信じてよかった」と微笑む。

 ○…両親が残してくれた畑で野菜を育て、果樹を剪定し、土にまみれて汗をかく。それが余暇の楽しみ。今は人生初の単身赴任中だが、同居の時から炊事洗濯はお手の物。そのため、「妻は全然心配してくれなかった」と苦笑する。2人の子どもに恵まれ、長男は自身と同じ警察官に。相談も一切なかったそうだが、「背中を見て、仕事の内容を理解した上で選んでくれた。それは素直に嬉しく思う」。

 ○…署長の責務として挙げるのが、交通事故の減少と特殊詐欺被害の抑止。そのためには家族での話し合いが必要と語る。「青葉区の人たちは郷土愛がとても強い。一緒に手を取り合い、やるべきことをやっていきたい」と力を込めた。

永代供養・合祀墓は4万円から

納骨にお困りの方「眞宗寺」の永代供養墓は後々の費用なし、生前申込・改葬代行

044-965-0965

<PR>

青葉区版の人物風土記最新6

加藤 良次さん

4月に横浜美術大学の新学長に就任した

加藤 良次さん

青葉区在勤 66歳

4月11日

鎌田 純さん

3月19日付で青葉警察署の署長に着任した

鎌田 純さん

市ケ尾町在住 58歳

4月4日

桑名 俊二さん

学校歯科医を45年間務め、このほど定年となる

桑名 俊二さん

美しが丘在住 75歳

3月28日

山本 章さん

3月20日で設立1周年を迎える社会福祉法人「あおばの実」の理事長を務める

山本 章さん

桂台在住 78歳

3月14日

宮原 洋明さん

中里地区青少年指導員の会長としてヒコーキ大会の運営にあたった

宮原 洋明さん

大場町在住 68歳

3月7日

冨樫 剛一さん

2月1日から横浜F・マリノスユースの監督を務める

冨樫 剛一さん

すすき野出身 52歳

2月29日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

  • 1月19日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「緑内障で併用してはいけない薬について」 コラム【33】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    4月11日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook