青葉区版 掲載号:2020年7月23日号 エリアトップへ

すすき野団地2団体 「みど*りんく」に認定 花ある環境で住みよく

社会

掲載号:2020年7月23日号

  • LINE
  • hatena
認定を受けたすすき野ガーデンクラブ
認定を受けたすすき野ガーデンクラブ

 すすき野団地で活動する2団体がまちづくりと緑化の取組に助成支援を行う東急(株)の「みど*りんく」支援対象に共同で認定され、7月18日に認定式が行われた。選ばれたのは住民たちが団地内で花植えや花の管理活動を行う「すすき野ガーデンクラブ」と、同団地管理組合や自治会の活動支援を行う「(一社)団地暮らしの共創」。

 同団地では昨年6月に養蜂を通じた花のある住みよい環境づくりや住民交流を目的とした「すすき野団地ミツバチぶんぶんプロジェクト」が開始。その後、住民たちが自主的に花の世話等をする、すすき野ガーデンクラブが発足し、現在20人ほどが活動している。

 今回の助成金では団地暮らしの共創が窓口となり、養蜂道具や花苗等を購入。同団体が西洋ミツバチを飼育し、6月に初めて蜂蜜を採取。団地の子どもたちも蜂の巣の様子を見に来るなど交流が続いているという。また敷地内各所を整備し、ガーデンクラブが花植えや管理を行ってきた。

 ガーデンクラブに参加する桂謙一さんは「46年が経過した団地ですが、花を植えて充実させることで古くても価値ある団地にしたい」と語る。同クラブメンバーでもある団地暮らしの共創の小柴健一代表は「これから、より地域のコミュニティに活動を広げていければ」と話す。認定式の後には、採取した蜂蜜のお披露目も。今後、蜂蜜は花の管理活動基金や被災地への義援金などの寄付に対する返礼品とすることを検討している。

青葉区版のローカルニュース最新6

新型コロナ陽性者 1週間で161人増

【Web限定記事】6月10日〜6月16日

新型コロナ陽性者 1週間で161人増 社会

青葉区状況 

6月23日号

下市ケ尾でウオーキング

下市ケ尾でウオーキング 社会

地元住民がコース考案

6月23日号

リユース食器でごみ削減

リユース食器でごみ削減 社会

Waveよこはま

6月23日号

ミツバチの生態学ぶ

青葉台小4年

ミツバチの生態学ぶ 教育

郵便局で見学

6月23日号

寺家でマルシェ

寺家でマルシェ 社会

6月30日

6月23日号

ヘルスメイト食育パネル展

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月9日0:00更新

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 学校から見た運動部の地域移行

    コラム「学校と社会をつなぎ直す」㉑

    学校から見た運動部の地域移行

    桐蔭学園理事長 溝上慎一

    6月23日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook