青葉区版 掲載号:2021年6月24日号 エリアトップへ

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【15】 地域社会づくりを担ってきた学校 桐蔭学園理事長 溝上慎一

掲載号:2021年6月24日号

  • LINE
  • hatena

 これまでの連載では、子どもの学びを社会に繋げて学校教育を再構築する話をしてきた。ここからしばらく地域社会に対して学校がどのような役割を担ってきたか、これから担うことができるかをお話していきたい。

 学校は子どもを大人に向けて育てる教育機関だと多くの人が思っている。しかし、かつて学校は地域社会づくりの積極的な社会的装置でもあった。家同士が100mしか離れていないのに隣の学校(あるいは隣の市区町村)になるといった学校別の区画整備は、今でも普通に見られる分かりやすい一例である。明治期の公(学校)教育の構築とともに進められた社会整備の一つでもある。

 運動会は小学校教育における体操の普及とともに全国に広がって行われるようになったが、それは単なる体操やスポーツ競技の大会にとどまらず、大人を巻き込んで祭りの性格を持った地域の伝統行事としても発展した。地区対抗の競技を通して、他の地区との差異を意識させ、ある地域の住民であるアイデンティティを強固に意識させていく。運動会はそのような社会的機能を持ち合わせていた。

 歴史を紐解けば、学校が単なる子どもを育てる教育機関ではなく、地域の人びとを寄せ集める社会的な結節の場であったことが見えてくる。この歴史的知識を活かして、地域創生に向けて、学校が地域づくりに積極的に関わるという考えを持てないものだろうか。

    (次回へ続く)
 

お庭のお手入れなら田辺園へ

見積り無料、「タウンニュース見た」で10%オフ!℡080-8838-0305

<PR>

青葉区版のコラム最新6

おばあちゃん先生の子育てコラム

おばあちゃん先生の子育てコラム

第20回「お子さんと一緒に成功体験を重ねましょう」

11月25日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第17回『元々、目が良かったのに60歳を過ぎて遠くも近くも見えにくくなってしまいました』

11月25日号

悠先生のちょっと気になる目のはなし

「男性に起こりやすい目の病気について」 コラム【4】

悠先生のちょっと気になる目のはなし

11月11日号

おばあちゃん先生の子育てコラム

おばあちゃん先生の子育てコラム

第19回「風邪を引かない昔からの知恵をお教えします」

10月28日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第16回『50歳頃から眼鏡やコンタクトが合わず困っています』

10月28日号

高齢者のアクティブな生き方とは

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【17】

高齢者のアクティブな生き方とは

桐蔭学園理事長 溝上慎一

10月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第17回『元々、目が良かったのに60歳を過ぎて遠くも近くも見えにくくなってしまいました』

    11月25日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第20回「お子さんと一緒に成功体験を重ねましょう」

    11月25日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook