青葉区版 掲載号:2021年10月14日号 エリアトップへ

「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】 悠先生のちょっと気になる目のはなし

掲載号:2021年10月14日号

  • LINE
  • hatena
加藤悠院長
加藤悠院長

 目の病気の中には、起こりやすさに性差のあるものがあります。今回はその中でも特に女性に起こりやすい病気について説明します。

 目の病気には、ほかの全身的な病気に付随して発症するものがあります。関節リウマチやシェーグレン症候群などのいわゆる自己免疫疾患である膠原病は、その多くが女性に起こりやすいと言われています。これらの病気では、ドライアイや結膜炎、目の中の炎症であるぶどう膜炎や血管炎などが合併することがあります。ぶどう膜とは目の中の脈絡膜と毛様体、虹彩の総称で目を構成する上で大変重要な組織でもあります。そのため、眼科と内科が協力して診察に当たっていくことがよくあります。

 また、ホルモンバランスが変化する更年期もドライアイや眼瞼結膜の炎症など目の病気が起こりやすくなります。診療では点眼などを上手く使いながら付き合っていくことを話しています。

 少し特殊なところでは、乳がんに対する抗がん剤の副作用で、目の一番奥の視力に重要な場所である黄斑に浮腫を起こすことで視力が低下したり、ものがゆがんで見えることがあります。このような薬剤を使用する際には、最初から眼科も協力して診察に当たることが多くあります。

 一方で、男性に多い目の疾患もあります。網膜剥離や色がほかとは異なって見える色覚異常などがありますが、また別の機会にお話しさせていただきたいと思います。

      

市ケ尾町の「梅の木眼科医院」の加藤悠院長が、目を健康に維持するために大切なことを分かりやすく教えてくれるコーナーです(月1回第2週目に掲載)

青葉区版のコラム最新6

悠先生のちょっと気になる目のはなし

「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

悠先生のちょっと気になる目のはなし

10月14日号

おばあちゃん先生の子育てコラム

おばあちゃん先生の子育てコラム

第18回「お子さんと天気の”先読み”をしてみましょう」

9月30日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第15回『白内障の手術はやり直しができますか?』

9月23日号

悠先生のちょっと気になる目のはなし

   「お子さんの視力検査について」 コラム【2】

悠先生のちょっと気になる目のはなし

9月9日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第14回『緑内障の目薬で目の調子が悪いですが、なぜでしょうか?』

8月26日号

地域課題に共に取り組む教育機関へ

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【16】

地域課題に共に取り組む教育機関へ

桐蔭学園理事長 溝上慎一

8月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「女性に起こりやすい目の病気について」 コラム【3】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    10月14日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook