青葉区版 掲載号:2021年11月11日号 エリアトップへ

「男性に起こりやすい目の病気について」 コラム【4】 悠先生のちょっと気になる目のはなし

掲載号:2021年11月11日号

  • LINE
  • hatena
加藤悠院長
加藤悠院長

 目の病気の中には、起こりやすさに性差のあるものがあります。前回は、「女性に起こりやすい目の病気」についてお話ししたので、今回は特に「男性に起こりやすい目の病気」について説明します。

 中心性漿液(しょうえき)性網脈絡膜症という長い名前の疾患は、40歳前後の働き盛りの男性に多い病気と言われています。これは黄斑という目の一番奥の視力に重要な場所に水が溜まる病気で過労やストレスが原因と考えられています。症状は、視力低下や物がゆがんで見えたり、視界の中心や見たい部分がはっきり見えなくなったりします。同じような症状で50歳以上の人に発症するのが、加齢黄斑変性症です。これは女性より約2倍も男性がなりやすいと言われています。

 また、外傷をきっかけに起こることがある裂孔原性網膜剥離も男性に多い傾向があります。初期症状は目の前に光が見えたり視野が欠けるなどして、進行すると失明する恐れもあります。

 他にも男性の約5%は遺伝的に大多数の人とは色が異なって見える色覚異常があると言われています(女性は0・2%程度)。現在は、印刷物や掲示物の配色の考慮や、就業時の条件が緩和され、昔ほど異常とは捉えられなくなり、色覚多様性とも表現されるようになりました。小学校の色覚検査も必須項目から外れるようになって20年近く経ちます。

 

 

 市ケ尾町の「梅の木眼科医院」の加藤悠院長が、目を健康に維持するために大切なことを分かりやすく教えてくれるコーナーです(月1回第2週目に掲載)

お庭のお手入れなら田辺園へ

見積り無料、「タウンニュース見た」で10%オフ!℡080-8838-0305

<PR>

青葉区版のコラム最新6

おばあちゃん先生の子育てコラム

おばあちゃん先生の子育てコラム

第20回「お子さんと一緒に成功体験を重ねましょう」

11月25日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第17回『元々、目が良かったのに60歳を過ぎて遠くも近くも見えにくくなってしまいました』

11月25日号

悠先生のちょっと気になる目のはなし

「男性に起こりやすい目の病気について」 コラム【4】

悠先生のちょっと気になる目のはなし

11月11日号

おばあちゃん先生の子育てコラム

おばあちゃん先生の子育てコラム

第19回「風邪を引かない昔からの知恵をお教えします」

10月28日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第16回『50歳頃から眼鏡やコンタクトが合わず困っています』

10月28日号

高齢者のアクティブな生き方とは

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【17】

高齢者のアクティブな生き方とは

桐蔭学園理事長 溝上慎一

10月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月2日0:00更新

  • 11月4日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

     第17回『元々、目が良かったのに60歳を過ぎて遠くも近くも見えにくくなってしまいました』

    11月25日号

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第20回「お子さんと一緒に成功体験を重ねましょう」

    11月25日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月2日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook