青葉区版 掲載号:2022年1月27日号 エリアトップへ

専門医が分かりやすく解説 目のお悩みQ&A  第19回『瞼(まぶた)が下がって重くて困っています』

掲載号:2022年1月27日号

  • LINE
  • hatena

 瞼が下がる状態は「眼瞼下垂」です。厳密な眼瞼下垂は瞼を持ち上げる筋肉がうまく働かなくなり瞼が下がることですが、その働きは正常でも瞼の皮膚の弛みが強くなり瞼が下がったように見える状態は「眼瞼皮膚弛緩」と言い、どちらも同じような症状が出ます。

 瞼の下りが強くなると重たさや見えにくさが出るだけでなく、無意識に額の筋肉を使って瞼を上げようとするので、眉毛の位置が上がってしまい、額のシワが強く出たり、頭痛や肩こりにつながる方もいます。二重の形にも影響し、二重の幅が広くなり、皮膚弛緩では二重が消え一重になることもあります。

 眼瞼下垂の治療は手術になりますが、まつ毛の生え際から5mmほどの位置で皮膚を切開し、筋肉を縫い縮めて瞼が上がるようにする手術で局所麻酔で片方約30分程です。皮膚弛緩では弛んだ皮膚を切除して縫うだけなのでもっと短い時間で済みます。両眼の手術の場合は左右のバランスを取るために、同時に手術することが望ましいです。術後はしばらく腫れが出ますが、必ず引きますし、手術をすると楽になるケースが多いので眼瞼下垂でお困りの方は手術も検討するとよいかと思います。

■たまプラーザやまぐち眼科/青葉区新石川3の14の14/【電話】045・913・0333/【URL】https://tamaplaza-eyeclinic.com

青葉区版のコラム最新6

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

第23回『眼に注射をする治療が必要と言われて心配です』

5月26日号

おばあちゃん先生の子育てコラム

おばあちゃん先生の子育てコラム

第24回「一歩、二歩と成長を見守りましょう」

5月26日号

悠先生のちょっと気になる目のはなし

「保険診療で行える、  多焦点眼内レンズを用いた白内障手術」 コラム【10】

悠先生のちょっと気になる目のはなし

5月12日号

目のお悩みQ&A

専門医が分かりやすく解説

目のお悩みQ&A

 第22回『緑内障がある眼の白内障手術の注意点はありますか?』

4月28日号

おばあちゃん先生の子育てコラム

おばあちゃん先生の子育てコラム

第23回「四季の移ろいと一緒に成長を楽しみましょう」

4月28日号

生活者起点のパークがオープン

コラム「学校と社会をつなぎ直す」【20】

生活者起点のパークがオープン

桐蔭学園理事長 溝上慎一

4月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月26日0:00更新

  • 5月12日0:00更新

  • 3月31日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • おばあちゃん先生の子育てコラム

    おばあちゃん先生の子育てコラム

    第24回「一歩、二歩と成長を見守りましょう」

    5月26日号

  • 目のお悩みQ&A

    専門医が分かりやすく解説

    目のお悩みQ&A

    第23回『眼に注射をする治療が必要と言われて心配です』

    5月26日号

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook