神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2024年2月15日 エリアトップへ

子ども食堂 「子どもの笑顔が報酬」 ボランティアを募集

社会

公開:2024年2月15日

  • X
  • LINE
  • hatena

 毎週水曜日の夜、青葉区内4カ所で子どもたちに100円で食事を提供している「あおば子ども食堂実行委員会」(三村徳子代表)。毎週合計で170食ほどを提供している同食堂は、約100人のボランティアが運営を支えている=写真。

 美しが丘・さつきが丘・もえぎ野の地域ケアプラザとふれあい青葉の4カ所で、子どもの居場所作りや孤食への対応、貧困対策などさまざまな役割を担う同食堂。実行委員会は活動を継続していくため、一緒に活動する仲間を募集中だ。

 活動場所は会場4カ所から選択可。会場設営や調理、子どもの相手まで多くの役割があり、概ね活動時間は水曜日の午後4時30分から7時30分まで。活動参加日は事前に相談の上で決定。短時間可、月1回可。

 現在のボランティアは中高生や大学生などの若手もいるが、多くはリタイアしたシニア世代。完全に無給のボランティアだが、三村代表は「美味しそうに食べる子どもの笑顔が報酬です。ぜひご参加ください」と話している。なお、ボランティアだけではなく、寄付・寄贈も呼び掛けている。

 申込/あおばボランティアセンター【電話】045・972・7018

春の大感謝祭開催中

5月23日(木)2部開催!第3回LIVEコマース配信!最大20%OFFのお得市

https://www.pcjungle.jp/fs/usedpc/c/pcjspth

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「白内障手術と同時でないとできない治療」 コラム【34】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    5月9日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook