神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2024年3月28日 エリアトップへ

転倒や認知症予防して生き生きと 4月、たまプラーザでイベント

社会

公開:2024年3月28日

  • X
  • LINE
  • hatena

 転倒・認知症予防を目的とした青葉区制30周年記念イベント「ポジティブエイジングフェス2024」が4月10日、17日、24日の水曜日にたまプラーザテラス2階プラーザホールで行われる。たまプラーザ商店会主催。参加無料。

 転倒予防や認知症予防に知見のある大学院教授や医師による講演会や転倒予防運動、体力測定などを行い、介助を必要としない自立した日常生活を送れるように備える。

 ボイストレーニングなどの体験型イベント、落語や太鼓演奏など区内で活躍する団体なども多数出演し、1日中楽しむことができる。参加対象は健康への関心や認知症予防に興味がある人、認知症サポーターについて学びたい人。申し込み不要(一部除く)で自由に参加を。各日午前10時30分から午後5時。たまプラーザ駅前通り商店会、(一社)たまプラーザ中央商店街、認定NPO法人神奈川県転倒予防医学研究会共催。

 10日は、順天堂大学大学院の町田修一教授が講演「今からできる転倒予防と認知症予防の筋活」、医療法人社団緑成会横浜総合病院の長田乾医師が講演「認知予備能を鍛えて認知症予防」と題し、解説する。

 17日は(一社)認知症協会の山根一彦代表理事による「認知症にならないための最高の生活習慣」の講演が行われる。

 24日は日本転倒予防学会の転倒予防指導士である朝香好平さんによる講演「転倒予防の基礎知識」のほか、体力(健脚度)測定などイベントも盛りだくさん。全日、区内にある老人ホーム施設や在宅介護などの企業ブースの出展あり。詳細は下記から確認を。

迫る、2025年問題

 2025年は全ての「団塊の世代」が後期高齢者(75歳以上)を迎え、認知症人口は約700万人(65歳以上の5人に1人)を超えると言われている。社会保障や医療・介護、年金などが限界に達し、社会全体で様々な問題が発生すると懸念される「2025年問題」が迫っている。

 たまプラーザ商店会の朝香会長(75)は「2025年を前にどう生活していくべきなのか。一人一人自分たちでできることをやっていかなければならない。たまプラーザの街から何かあったら支え合い、『お互いさま』と言い合える、安心して暮らせるまちを創っていきたい」と話す。

昨年も大勢が参加
昨年も大勢が参加

青葉区版のローカルニュース最新6

働きやすい職場づくりを進める企業 横浜市が認定

働きやすい職場づくりを進める企業 横浜市が認定

「よこはまグッドバランス企業」募集

6月19日

まちのPR動画コンペ

まちのPR動画コンペ

青葉区中高生 参加者募集

6月19日

横浜市がケツメイシとコラボ「あっちこっちで寄りみっち♪」

横浜市がケツメイシとコラボ「あっちこっちで寄りみっち♪」

6月30日まで新横浜・都心臨海部エリアで

6月19日

食育パネル展

ヘルスメイト

食育パネル展

区役所で24日から

6月18日

神奈川県 災害、物価高騰対策などで122億円の補正予算案

あおば GREEN DAY

花・緑・環境イベント

あおば GREEN DAY

青葉台とたまプラで

6月17日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「白内障や緑内障以外で60代以降に多い目の病気」 コラム【35】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    6月13日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook