神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2024年4月4日 エリアトップへ

横浜発 新技術の活用考える ペロブスカイト太陽電池

社会

公開:2024年4月4日

  • X
  • LINE
  • hatena

 桐蔭横浜大学の宮坂力特任教授が開発し、脱炭素社会に向けて注目を集めている「ペロブスカイト太陽電池」。この開発状況の共有と活用方法を考える「第1回ペロブスカイト太陽電池フォーラム」が3月27日、桐蔭学園で行われた。市民や行政、同電池を活用した製品・サービスを検討している事業者が集まった。

 同電池は薄く軽く柔軟で雨天や室内の光でも発電できる特性を持つ。国内外で開発競争が行われ、海外では中国メーカーが実用化を急ぐ。国内でも2025年度に実用化を目指しており、特性を生かした活用分野拡大に期待が高まっている。

 当日は宮坂特任教授が「日本発の新エネルギー技術、海外との産業競争にいかにして勝つか。」と題した講演を行い、日本での産業化、中国の動向、海外との競争に優位な点について説明。また、同電池の国産化に向け、(株)マクニカが横浜大さん橋での社会実装実証の取り組み、(地独)神奈川県立産業技術総合研究所が国際標準化についての説明も行った。

 その後、新たな活用方法について考えるワークショップが行われた。参加者らはコスト面、課題点、同電池に期待したいことなど意見交換。宮坂特任教授も「このようなワークショップは初で、わくわくする」と話し、グループを回り参加者と話し合っていた=写真。

永代供養・合祀墓は4万円から

納骨にお困りの方「眞宗寺」の永代供養墓は後々の費用なし、生前申込・改葬代行

044-965-0965

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6

無料の起業塾、「YOXOイノベーションスクール2024」参加者募集中

横浜市役所が遊び場に変身する「こどもデー」

立憲民主党 3政令市議で連絡会

立憲民主党 3政令市議で連絡会

都市問題解決、地方分権推進へ発足

4月15日

市人口、50年後301万人に減少

イースターと春コン

イースターと春コン

イエスの栄光教会で

4月11日

横浜市が50歳以上対象に無料で「もの忘れ検診」

横浜市が50歳以上対象に無料で「もの忘れ検診」

認知症早期発見へ簡易検査

4月11日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

  • 1月19日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「緑内障で併用してはいけない薬について」 コラム【33】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    4月11日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook