神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2024年4月4日 エリアトップへ

意思決定に「アドボケーター」 すすき野団地で高齢者施策

社会

公開:2024年4月4日

  • X
  • LINE
  • hatena
アイデア賞を受賞した「AyumiyorIプロジェクト」
アイデア賞を受賞した「AyumiyorIプロジェクト」

 住民や組織の高齢化によって孤立や孤独が進んでいるすすき野団地。身寄りのない高齢者の尊厳が十分に守られながら、住み慣れた地域で老後を過ごし、その先の死を不安なく迎えられるか。その社会的課題に対して、同団地では独居などで身内から支援を受けられない高齢者11人を対象に、意思決定支援を行う「アドボケーター」という専門の役割を配置する実証事業を始めている。

 実証事業を行っているのは、住民や介護・終活事業者などで構成された任意団体「個・孤の時代の人生ケア会議」。アドボケーターは、主に社会福祉士や看護師などが務め、高齢者の判断力が衰える前から病気になった際に希望する治療法や逝去後の対応などを聞き取り、入院や施設の入所、逝去時の葬儀会社との対応などを担うという。

COGでアイデア賞

 実証事業は今後も対象者も拡大させていく予定だが、アドボケーターの業務効率化について課題も。対応する範囲が広い上に、アドボケーター自体が確立し、充足しているわけでもないためだ。

 これら課題に対する1つの解決策として、「人生ケア会議」に学生や大学研究者を加えたチーム「AyumiyorIプロジェクト」が、3月に行われた地域課題解消のアイデアを競うコンテスト「チャレンジ‼オープンガバナンス2023」(COG)に出場。市の行政サービス情報を答える「AIチャットボット」にアドボケーターの経験を蓄積することを提案。アドボケーターも支援している高齢者のニーズを受け、行政サービスを的確に早く把握できるようになれば業務の効率化が図れるが、現状のAIチャットボットだけでは難しい側面があり、提案に至ったという。この提案は全国から集まった46のアイデアから準優勝にあたるアイデア賞に輝くなど評価された。

永代供養・合祀墓は4万円から

納骨にお困りの方「眞宗寺」の永代供養墓は後々の費用なし、生前申込・改葬代行

044-965-0965

<PR>

青葉区版のローカルニュース最新6

無料の起業塾、「YOXOイノベーションスクール2024」参加者募集中

横浜市役所が遊び場に変身する「こどもデー」

立憲民主党 3政令市議で連絡会

立憲民主党 3政令市議で連絡会

都市問題解決、地方分権推進へ発足

4月15日

市人口、50年後301万人に減少

イースターと春コン

イースターと春コン

イエスの栄光教会で

4月11日

横浜市が50歳以上対象に無料で「もの忘れ検診」

横浜市が50歳以上対象に無料で「もの忘れ検診」

認知症早期発見へ簡易検査

4月11日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

  • 1月19日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「緑内障で併用してはいけない薬について」 コラム【33】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    4月11日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook