神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2024年4月15日 エリアトップへ

立憲民主党 3政令市議で連絡会 都市問題解決、地方分権推進へ発足

政治

公開:2024年4月15日

  • X
  • LINE
  • hatena
総会で決まった役員
総会で決まった役員

 横浜、川崎、相模原の県内3政令市の立憲民主党所属市議が「政令指定都市政策連絡会」を立ち上げた。

 政令市に共通する「税・サービス」の受益と負担のねじれの解消などの課題を共有し、地方分権を進めることが目的。党地方組織の強化につなげる狙いもある。

 設立総会が3月29日、川崎市役所で開かれ、25人が出席した。役員には12人が選任され、会長に織田勝久氏(川崎市宮前区)、副会長は麓理恵氏(横浜市泉区)、岩隈千尋氏(川崎市高津区)、臼井貴彦氏(相模原市中央区)が就いた。

 会長の織田氏は「いずれは(全国)20政令市の議員団の横の連携をつくるためにも、まずは神奈川県から進める。知見を集め、意見を党本部の活動にも反映できるよう頑張っていく」と述べた。その後の基調講演では、川崎市の福田紀彦市長が「特別市の実現に向けて」をテーマに語った。

青葉区版のローカルニュース最新6

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「白内障や緑内障以外で60代以降に多い目の病気」 コラム【35】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    6月13日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook