神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
青葉区版 公開:2024年5月30日 エリアトップへ

ありあけが「ハーバー」の売上などから1千万円を能登半島地震の義援金に 日本赤十字社へ寄付

社会

公開:2024年5月30日

  • X
  • LINE
  • hatena
目録を手渡す堀越社長(左)と河鍋事務局長
目録を手渡す堀越社長(左)と河鍋事務局長

 「横濱ハーバー」などで知られる菓子製造販売の「ありあけ」=本社・中区山下町=が能登半島地震の被災地を支援するため、売上金の一部など1千万円を5月29日、日本赤十字社神奈川県支部に寄付した。

 同社は2015年に放送されたNHK連続テレビ小説「まれ」に関連し、当時、能登産のブルーベリーを使ったハーバーを販売していた。同社の堀越隆宏社長は「能登の方にお世話になったので、被災地に恩返しができれば」と寄付を思い立った。

 1月12日から5月26日まで、「ありあけ」と「鎌倉レ・ザンジュ」で販売したハーバーなどの主力商品の売上金の一部を「横濱ハーバー基金」とする支援活動を実施し、寄付が集まった。

 29日、同支部で目録の贈呈式があり、受け取った同支部の河鍋章事務局長は「この思いを赤十字社の石川県支部などにも伝えたい」と語った。義援金は石川県のほか、富山県、新潟県、福井県の被災地支援のために役立てられる。

 同社はこれまでもロシアの侵攻を受けるウクライナやトルコ・シリア地震の被災地を支援するため、売上金の一部を日本赤十字社に寄付している。

青葉区版のローカルニュース最新6

食育パネル展

ヘルスメイト

食育パネル展

区役所で24日から

6月18日

神奈川県 災害、物価高騰対策などで122億円の補正予算案

あおば GREEN DAY

花・緑・環境イベント

あおば GREEN DAY

青葉台とたまプラで

6月17日

夏休み 企業などで体験学習を行う小学3〜6年生募集

夏休み 企業などで体験学習を行う小学3〜6年生募集

横浜市教育委員会が「子どもアドベンチャーカレッジ」

6月15日

区役所で活動体験の催し

まち活パートナーズ

区役所で活動体験の催し

事前申込も受付中

6月15日

横浜市26万人の児童・生徒の学習データを収集・活用する学習ダッシュボードを運用開始

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月25日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 10月19日0:00更新

青葉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

  • 悠先生のちょっと気になる目のはなし

    「白内障や緑内障以外で60代以降に多い目の病気」 コラム【35】

    悠先生のちょっと気になる目のはなし

    6月13日

青葉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook