港北区版 掲載号:2011年3月31日号
  • googleplus
  • LINE

ドジョウで豊かな土壌 新横浜公園の田んぼに放流

ドジョウを放流した
ドジョウを放流した

 区内で活動する「流域情報研究会」(内山岳彦代表)は26日、小机の畑の用水路で採取したドジョウを新横浜公園の田んぼに放流する活動を行った。

 水辺に集まる鳥のエサとなるドジョウを繁殖させることによって、豊かな生態系を回復させることが狙い。ドジョウが土を攪拌(かくはん)することによって、土中の酸素が豊富になり、プランクトンが増えるなどの効果があるという。

 当日は同研究会で毎月恒例となっている新羽橋周辺のクリーンアップ運動を行ったあと、新横浜公園に移動し、ドジョウ17匹を放流した。内山代表は「新横浜周辺に、より多くの鳥が飛来してもらえるようになれば」と話した。
 

港北区版のローカルニュース最新6件

港北区版の関連リンク

あっとほーむデスク

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

小原孝ピアノコンサート

小原孝ピアノコンサート

5月20日 タウンニュースホール

5月20日~5月20日

港北区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年3月15日号

お問い合わせ

外部リンク