港北区版 掲載号:2019年8月15日号 エリアトップへ

サチモス“夢の”凱旋公演 港北ニュータウン育ち TAIKING&KCEE

文化

掲載号:2019年8月15日号

  • LINE
  • hatena
TAIKING(左)とKCEE
TAIKING(左)とKCEE

 2015年のデビューから、瞬く間にミレニアル世代を代表するアーティストに成長した6人組ロックバンド『Such(サチ)mos(モス)』。都会的で中毒性のあるサウンドを鮮やかに体現するメンバー、TAIKING(タイキング)(29・Gt)とKCEE(ケーシー)(26・Dj)は幼馴染で、港北ニュータウンで青春時代を過ごした。

 デビュー直後、「絶対売れてやる」と野望を語り合ったセンター南駅前のすきっぷ広場。約4年ぶりに訪問したKCEEは懐かしそうに目を細め、「俺1週間前にセンナン(センター南)で飲んでた」「マジで」とTAIKINGとテンポ良い会話を繰り広げる。友人が経営するお好み焼き屋・好鐵(都筑区)が行きつけといい、「旨いんです」と笑みをこぼす。

原点は地元

 中学では、ブラスバンド部でパーカッションを担当していたTAIKING。当時の先輩にギターを教えられ、「面白い」と部活の合間に猛練習。高校でバンドを組んでからさまざまな楽器を触った結果、「1番しっくりきた」ギターを生涯の友に選んだ。

 KCEEを音楽の道に導いたのは、他でもないTAIKING。野球に専念するため関西の中学に進学し、部活を引退したタイミングでなんと、「暇だろ」と幼馴染からギターが配送されてきた。初めて触れたギターの音色に虜になり、「俺、音楽で食っていくわ」と決意。地元で高校に進学し、バンド活動に精を出した。

ハマスタは”感謝”の場に

 各々音楽活動をしていたメンバーが一つになりSuchmosが誕生したのが2013年。ライブ活動を続けていく道すがら芽生えた「横浜スタジアムで演奏したい」というバンドの夢。デビュー時から公言し続けてきたその夢が9月8日(日)、ついに実現する。

 「“感謝”を伝えられる場所にしたい。最高の休日を俺らが演出できればと思っています。成長をぜひ見に来てほしい」。夏の夕暮れ、3万人が彼らの音楽に染まる。

すきっぷ広場でメンバーと
すきっぷ広場でメンバーと

港北区版のローカルニュース最新6

賛成意見もカジノ不安視

IR説明会

賛成意見もカジノ不安視 社会

市は、必要性を強調

2月20日号

これからも地域のために

これからも地域のために 社会

菊名コミバスが10年目

2月20日号

日スタ杯で初の戴冠

港北区選抜

日スタ杯で初の戴冠 スポーツ

小学生女子の部

2月20日号

環境フォーラム

悔しさバネに躍動

悔しさバネに躍動 スポーツ

もうひとつのいばらき大会

2月20日号

2連覇へ、必勝祈願

横浜F・マリノス

2連覇へ、必勝祈願 スポーツ

リーグ開幕戦は23日

2月13日号

親子で遊ぶトレッサ野原

親子で遊ぶトレッサ野原 教育

2月20日・21日10時〜

2月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 12月12日0:00更新

  • 8月8日0:00更新

  • 6月27日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月20日号

お問い合わせ

外部リンク