港北区版 掲載号:2019年10月10日号 エリアトップへ

港北区企業レポート【2】 区内の横浜北工業会役員のものづくり企業を紹介します。 探求心が原動力 株式会社 田島精研

掲載号:2019年10月10日号

  • LINE
  • hatena
インタビューに答える田島代表取締役
インタビューに答える田島代表取締役

 グローバル化により、国内から国外へ仕事が流出することも多い中、「モノではなく技術を売っている」と話すのは、株式会社田島精研(樽町3の1の12)の田島圭一代表取締役だ。

 1978年に、父・田島勇さんが会社を設立。その名の通り、研磨の技術を生かして精密金属部品の加工を生業にしてきた。1000分の1ミリの誤差も許されないミクロの世界。「わずかなズレでダメになってしまう。職人の手先の肌感覚が大切になる」と話す。現在は、パソコンやスマートホンの周辺部品の製作・加工に加え、試作品の生産や部品の検査までを手掛け、モノづくりの世界を支えている。

 一番のこだわりは「図面通り、お客さんの要求には必ず100%で応える」ことだ。約15年前、ステンレスにロウ付けをする仕事を受注。温度の問題など難度の高いものだったが、半年の試行錯誤の末、希望通りのものを実現してみせた。

 現在は、「地域貢献企業になれるようにチャレンジしてみたい」と、3月にはオープンファクトリーに参加した。金属部品の製作工程を体感してもらい「楽しんでもらえてよかった」と笑顔をみせる。子どもたちからのメッセージは会社の壁に大切に飾られている。

 「現状維持だけでは生き残れない世界」と今後に向けての危機感も口にする。「これからも色々な技術に挑戦したい」。飽くなき探求心を原動力に、腕に“磨き”をかける。
 

港北区版のコラム最新6

推進前提に意見公募

〈連載【11】〉市が方向性素案公表

推進前提に意見公募

IRと横浜

3月26日号

ネットから「119番」

横浜市

ネットから「119番」 社会

聴覚障害者ら通報容易に

3月5日号

懸命のアピール合戦

〈連載【10】〉「産業展」に45事業者

懸命のアピール合戦

IRと横浜

3月5日号

懸命のアピール合戦

〈連載【10】〉「産業展」に45事業者 IRと横浜

懸命のアピール合戦

2月27日号

「カジノなしでも人は来る」

〈連載【9】〉米国・設計者が横浜を語る

「カジノなしでも人は来る」

IRと横浜

1月30日号

制限型対策では不十分

〈連載【8】〉依存症専門医に聞く

制限型対策では不十分

IRと横浜

12月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月25日0:00更新

  • 4月30日0:00更新

  • 3月5日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年7月9日号

お問い合わせ

外部リンク