神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
港北区版 公開:2023年1月1日 エリアトップへ

村田悠磨さん 新吉田東 悔しさ胸に飛躍の年へ フォーミュラへの挑戦

スポーツ

公開:2023年1月1日

  • LINE
  • hatena
レース前の悠磨さんと父・竜一さん(12月4日)
レース前の悠磨さんと父・竜一さん(12月4日)

 港北から世界へ。レーサーとして活動する、新吉田東在住の村田悠磨さん(16)。2022年は、もてぎ菅生スーパーFJ選手権に初参戦し、年間3位となった。夢のF1へ、今年も若きドライバーの挑戦が始まる。

笑顔なき表彰台

 同選手権は、国内最高峰のスーパーフォーミュラやF1へと続く、若手レーサーの登竜門。村田さんは前年にカートで日本一となり、満を持してのデビューとなった。

 しかし、カートとはマシンのサイズや操作性も大きく異なるフォーミュラカーに苦戦するシーズンに。初戦は表彰台まであと一歩の4位。その後は、試合を重ねるにつれ速さを増していったが、細かいミスなどもあり4〜6位と悔しい結果が続いた。

 12月4日にモビリティリゾートもてぎ(栃木県)で行われた、最終節の第7戦。予選では、トップタイムを記録し、初の1位に。迎えた決勝は、課題のスタートで反応が遅れ2位に後退。その後は、果敢にアタックするも相手の厳しいディフェンスもあり、抜きあぐねる展開に。上位三つ巴での争いとなった最終盤で順位を落とし3位でチェッカーを受けた。「ペースでは上回っていたので悔しい。以前よりも攻めたバトルをできるようになったが、まだまだ弱さがあった」と村田さん。初の表彰台は、笑顔ではなく悔しい思い出となった。

来季こそ優勝を

 1年目のシーズンを振り返り、村田さんは「最初は難しかったが、今ではブレーキングは周りに負けない自信もついた。一方で、要所でミスが出てしまうところが欠点」と手応えと課題を口にした。カート時代にはメカニックを務め、現在も一緒にレースを転戦し最も近くでサポートするのは、父・竜一さん。「当初は車に乗せられている感じだったが、今では手足のように操れるようになってきている。表彰台が悔しいのは成長の証」と振り返った。

 今年は、鈴鹿スーパーFJ選手権に参戦予定。よりレベルの高い選手との争いが予想されるが、「もっと練習して速いライバルと競えるようになり、応援してくれるひとたちに優勝を届けたい」と飛躍を誓った。

悔しい表彰台
悔しい表彰台

港北区版のローカルニュース最新6

市が6件の事業計画を認定

市が6件の事業計画を認定

企業誘致を促進、ホテル建設に助成金40億円

4月17日

障害の有無を問わず、ともに楽しむ「ツナガリウォーク」

無料の起業塾、「YOXOイノベーションスクール2024」参加者募集中

横浜市役所が遊び場に変身する「こどもデー」

立憲民主党 3政令市議で連絡会

立憲民主党 3政令市議で連絡会

都市問題解決、地方分権推進へ発足

4月15日

先週に続き不審者情報が寄せられたほか、自転車盗4件、置引き3件、特殊詐欺2件等が発生

【Web限定記事】港北警察署管内

先週に続き不審者情報が寄せられたほか、自転車盗4件、置引き3件、特殊詐欺2件等が発生

2024年3月25日〜3月31日の犯罪発生件数

4月11日

あっとほーむデスク

  • 4月20日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月17日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook