神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
港北区版 公開:2023年7月27日 エリアトップへ

【Web限定記事】新羽小6年児童 名士たちから、「新羽」を学ぶ 自分たちの住む地域の歴史や成り立ちを探究

教育

公開:2023年7月27日

  • LINE
  • hatena
座談会方式で、講師の話を聞く児童ら
座談会方式で、講師の話を聞く児童ら

 「地域の方々から新羽の歴史や成り立ちについて聞き、新羽の魅力を見直そう」――。

 市立新羽小学校(佐藤恵子校長)の6年生2クラス73人が6月末、総合的な学習の時間「新羽の魅力を探ろう!」の中で名士たちから地域について学んだ。

 同小では、これまでにも「わら蛇づくり」を通して、町の歴史や伝統について学ぶ機会を設けてきた。また、近所にある西方寺に出かけ、住職の話を聞くなどの活動をしてきたという。

 今回の授業では、学校から相談のあった同小学校地域連携コーディネーターの佐藤建二さんが、つながりのある西方寺の伊藤仁海住職のほか、2004年に『新羽史』を編集した長谷川武明さん、大倉精神文化研究所の平井誠二さん、地元住民で同コーディネーターの小山正博さんら地元の名士らとともに講師となり、新羽の歴史、寺の歴史、昔の暮らしや生活、学校の生い立ち、地名の由来などを座談会方式で児童らに講話した。

 モニターに昔の画像や地図などを映して説明する講師らの話に、真剣に耳を傾けていた児童らからは「学校のあたりが40年前はまだ田んぼだと初めて知り、驚愕した」「新羽がいつからあり、なぜ新羽小があの場所に建てられたのかを知ることができた」「地域に昔からいる人の話を聞くことで、実際の新羽が分かった。昔の地図やバス停に歴史を知るヒントがある、それらをさらに調べてみたくなった」「昔は90%の人が農家だということに驚きました。今は会社で働く人が多く、農家の人が少ないので、真逆だなと思った」「昔は周りにお店がなく、バスや自転車でお店に行っていたと聞き、昔は大変だったということを知った」などの感想が挙げられた。

 佐藤さんは、「講師の皆さんからは『子どもたちが素直で話をよく聞いてくれて話しやすかった』などの感想が聞かれました。新羽史が編集されてから20年以上経ち、その後も町は変化しています。子どもたちが何を感じ、未来の子どもたちに何を残していってくれるのか、とても楽しみ」と語っていた。

 児童らは今後、自分たちで新羽の魅力について、より深く調査していく。その後、その内容を紙芝居とカルタにして発信していく予定だという。

モニターを使い説明する講師陣
モニターを使い説明する講師陣

<PR>

港北区版のローカルニュース最新6

市歴史博物館にマルチシアターが登場

市歴史博物館にマルチシアターが登場

4月29日、改装した歴史劇場の再オープンで

4月24日

戦後の横浜 写真資料でたどるサイト

戦後の横浜 写真資料でたどるサイト

4月27日から都市発展記念館が公開

4月24日

「プリンスアイスワールド」が市内カフェとコラボ

「プリンスアイスワールド」が市内カフェとコラボ

5月12日までスケーター推薦のグルメを味わえる

4月24日

日本最大級のシネマフェス みなとみらいで人気作品を野外上映

日本最大級のシネマフェス みなとみらいで人気作品を野外上映

4月30日〜5月6日、「SEASIDE CINEMA 2024」

4月24日

横浜市へのふるさと納税でJR運転士・車掌体験

横浜市へのふるさと納税でJR運転士・車掌体験

寄付5万円、仕事体験ツアー

4月23日

脱炭素化、気候変動対策を考えるワークショップ

脱炭素化、気候変動対策を考えるワークショップ

5月29、30日 パシフィコ横浜とオンラインで

4月23日

あっとほーむデスク

  • 4月20日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook