神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
港北区版 公開:2024年2月8日 エリアトップへ

港北小 「大谷グローブ」届く 待望の知らせに喜ぶ

教育

公開:2024年2月8日

  • X
  • LINE
  • hatena
グローブを手にはめてボールを投げる児童
グローブを手にはめてボールを投げる児童

 米大リーグで活躍する大谷翔平選手が全国の小学校に寄贈しているグローブが港北小学校(山口昭代校長)にも届き、2月1日の抽選会で当選した3人の児童が「大谷グローブ」でキャッチボールを楽しんだ。

 右利き用2個と左利き用1個のグローブが同校に届いたのは1月29日。31日の朝会で山口校長から最初にグローブを使用する児童は抽選で決めると発表された。応募期間は、発表後から翌日2月1日の抽選会前まで。児童の中には「いつ届くのかな」と楽しみにしていた声があったようで、全校児童737人のうち約650人が応募した。

 中休みに行われた抽選会では、山口校長が抽選箱から応募児童の名前が書かれた紙を引いた。当選したのは福島香穂さん(2年)、中野陽菜さん(2年)、高橋建晴さん(3年)。3人はグローブをはめ体育館でキャッチボールを行った。応募期間終了直前に応募したという中野さんは、「びっくりしたけど嬉しい」と微笑んだ。また、同校ではキャッチボールエリアを設け、全クラスがグローブをはめられるように計画している。

 一方、同校の児童らは、能登半島地震の支援として約700個のカイロにメッセージを書き、PTA会長を務める遠藤教一さんが直接珠洲市に届けた。山口校長は、大谷選手のグローブ寄贈も、児童らの被災地支援も、「見えない人を想像する優しい気持ち」が共通しているとし、「届いたグローブを大切にしてほしい」と話した。

抽選で当選した3人
抽選で当選した3人

港北区版のローカルニュース最新6

春を告げる恒例行事

大倉山観梅会

春を告げる恒例行事

17ブース出店、イベントも

2月22日

地域行事、多世代で賑わう

地域行事、多世代で賑わう

大豆戸町内会の餅つき

2月22日

「食」をテーマに学習。「たくさん見てもらいたい」

【Web限定記事】師岡小学校5年生児童

「食」をテーマに学習。「たくさん見てもらいたい」

地域の商業施設に展示

2月22日

テーマは港北区の花「梅」

テーマは港北区の花「梅」

写真コンテスト、作品募集

2月22日

春の気配を探る旅

春の気配を探る旅

二ヶ領用水を歩くツアー

2月22日

大倉山記念館で美術展

大倉山記念館で美術展

28日から 絵画や写真など展示

2月22日

老人ホーム選びはプロにお任せ!

お客様に選ばれて25年以上。ご相談無料、年中無休。ご相談はフリーダイヤル0120-57-5950へ!

https://minkai.jp

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月20日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook