神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
港北区版 公開:2024年2月29日 エリアトップへ

海んちょ藤田奈美さん 地産食材の米粉ケーキ なでしこブランドに認定

社会

公開:2024年2月29日

  • X
  • LINE
  • hatena
店内に並ぶ様々な種類のパウンドケーキ
店内に並ぶ様々な種類のパウンドケーキ

 創作料理屋海んちょ(日吉6丁目)が製造・販売する「Kozutsumi(こづつみ)」ブランドのパウンドケーキが、神奈川なでしこブランド2024に認定された。同店女将の藤田奈美さん=中面・人物風土記で紹介=が、コロナ禍の食事の悩み解消の助けになればと開発した、地産食材の米粉製品。通販での受注販売、店舗メニューとして提供、マルシェ出店などで販売している。

 神奈川県では、県内の企業や団体から、女性が開発に貢献した商品(モノ・サービス)を募集し、優れたものを「神奈川なでしこブランド」として認定している。第9回となる認定式が2月5日に行われ、食料品や生活用品など17商品が新たに認定された。現在の認定商品数は全162品。

日々の食事を手助け

 海んちょの「米粉と米麹甘酒と横浜野菜のパウンドケーキ」はその名の通り、横浜地産の農作物を使ったグルテンフリーのパウンドケーキ。栄養バランスが良く、特に野菜を使ったものは甘くないので、軽食としても手軽に食べられる。「食事の用意が大変」「おやつの回数が増えてカロリーオーバーに」など、「コロナ禍に、お客さんから聞いたSOSに応えたくて、開発に踏み切った」と話す藤田さん。開発から今までの道のりは、苦労の連続だったそう。食材選びや味付けはもちろん、勘に頼って新事業を失敗させられないと大学で経営も学び直した。スタッフや提携農家、常連客など多くの協力で完成した商品。「認定されてすごく嬉しい。お客さんや農家の人も、自分のことのように喜んでくれた」と笑顔を見せた。

 現在はマフィンなどほかの焼き菓子も製造。通販や店舗販売、マルシェ出店などを実施しているが、「海外発信など、販路拡大に取り組んでいる」と藤田さん。「横浜から、もっと多くの方にこづつみブランドを届けたい」と意気込んだ。

港北区版のトップニュース最新6

「ふるさと」感じる街

港北区運営方針

「ふるさと」感じる街

区民と共にあゆむ区政

5月23日

耐震適合率は7割

横浜市主要水道管

耐震適合率は7割

国の調査、全国平均超え

5月23日

42年ぶり 県の頂点に

武相高校硬式野球部

42年ぶり 県の頂点に

「雑草軍団」関東へ臨む

5月16日

家庭との連絡法を統一

横浜市立学校

家庭との連絡法を統一

アプリ活用で新システム

5月16日

DX対応でサイト新設

地域子育て支援拠点

DX対応でサイト新設

6月開始のアプリと連携も

5月9日

文科大臣表彰を受賞

北綱島特別支援学校

文科大臣表彰を受賞

五感で“読む”読書実践

5月9日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月20日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook