神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
港北区版 公開:2024年3月28日 エリアトップへ

歓成院観音会館で4月13日に「声明」とコラボしたジャズコンサートをひらく RINAさん 埼玉県所沢市在住

公開:2024年3月28日

  • X
  • LINE
  • hatena

「音楽って、自由で楽しい」

 ○…「どんな音楽が生まれるのか楽しみ」。会場となる大倉山観音会館のロケーションに惹かれ、そこで知った仏教音楽の「声明(しょうみょう)」の虜に。昨年、声明のもつ5音階で表現する新しいジャズを披露し、好評を博した。今回のコンサートでは、2人の住職が唱える声明とコラボする。「正解のない音楽を、お客さんも楽しみにしてほしい」と、屈託のない笑顔を見せる。

 ○…3歳から高校卒業まで続けたエレクトーン。「小4の時には日吉までレッスンに通った。川越から長い時間かけて」と懐かしむ。毎年のようにコンクールに出場。いつしか「もっと自由に音楽がやりたい」と、ジャズピアノを聴き込むように。高3時に、国立音大にジャズ専修ができると知ると、入学前の夏期講習に参加。そこで恩師となる小曽根真氏に出会い、「音楽って、こんなに自由で楽しいものなんだ」と知る。

 ○…卒業後は恩師の勧めで渡米。バークリー音大で学び、2018年には国際コンテストで13カ国・160人中の第2位と最優秀作曲賞を受賞した。ジャズの本場で認められ、これからの活躍も見えてきた。そんな折、コロナ禍が世界を襲う。拠点としていたニューヨークはロックダウン。「外出も、何もできなくなり、自分自身と向き合う時間だった」と回顧。

 ○…演奏の場を求めて戻った日本。地元川越での地道な音楽活動から、次第にその場を広げていく。出演したライブを見た著名な建築家との出会いが観音会館でのコンサートを叶え、住職と出会ったことで、港北区との縁が生まれた。このほど開館したミズキーホールのホールアーティストに就任。「戴いたご縁を大切に、これからもありのままの自分で、音楽を創り、届けていきたい」

<PR>

港北区版の人物風土記最新6

内田 大恵さん

横浜市港北区仏教会の会長として活動する

内田 大恵さん

日吉本町在住 56歳

4月18日

小谷田 作夫さん

八杉神社郷土史研究会の代表として八杉神社の歴史を紐解く

小谷田 作夫さん

大豆戸町在住 77歳

4月11日

池本 三郎さん

樹木医として、4月14日に県立青少年センターで行われる講演会に登壇する

池本 三郎さん

箕輪町在住 85歳

4月4日

RINAさん

歓成院観音会館で4月13日に「声明」とコラボしたジャズコンサートをひらく

RINAさん

埼玉県所沢市在住

3月28日

玉川 真さん

第3回港北消防フォトイベント「BAE1グランプリ」で最優秀賞を受賞した

玉川 真さん

仲手原在住 57歳

3月21日

小野 明男さん

3月24日開館、港北区民文化センター(ミズキーホール)の館長を務める

小野 明男さん

川崎市宮前区在住 67歳

3月14日

あっとほーむデスク

  • 4月20日0:00更新

  • 2月18日0:00更新

  • 6月25日0:00更新

港北区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook