戸塚区版 掲載号:2018年10月25日号 エリアトップへ

区内士業団体 “第二の人生”に起業を 中小後継者につなぐ狙いも

経済

掲載号:2018年10月25日号

  • LINE
  • hatena
真剣に話を聞く参加者ら
真剣に話を聞く参加者ら

 弁護士や税理士、司法書士など11の士業からなる戸塚町に本部を置く団体が10月18日、平均寿命が延びるなか”第二の人生”を模索しているサラリーマンを主な対象として、講習会と交流会を兼ねたイベントを行った。起業という選択肢を示すとともに、後継者不在に悩む中小企業や商店の事業主とつなげようとする狙いもある。

 企画した(一社)LTRコンサルティングパートナーズ(清水敏博理事長)は2001年に設立。士業がそれぞれの専門性を生かして個人や経営者の問題解決にあたるほか、地域活性化を目的として様々な取り組みを行っている。今企画「起業カフェ」はこれから起業したい人と、すでに起業した人が交流できる場として初開催。主に50歳代の15人が参加した。

 企画は「第二の人生に踏み出したい」という会社員を主な対象としている。平均寿命が延び、政府が「70歳定年」の検討に入るなか「経営者として自己実現したい」という人が増えている状況を踏まえたものだ。昨年発表された中小企業白書によると、実際に起業家の年齢層が50歳以上で半数を占めている。

 また他方で、中小企業や商店を取り巻く問題として「後継者不在」があることにも着目。経営者のうち「廃業ではなく誰かに事業を引き継いでほしい」と考える経営者は数多くいるというデータもあることから、「起業を考える人と、後継者に悩む人をマッチングできないか」という発想もあったという。

会社員の経験生かす

 今回の企画では、実際に大企業出身で中小企業を買収した経験を持つ経営者が登壇。「クレーム対応やコストカットなど、会社で日常的に行ってきたことを実行していくだけで、売り上げが着実に伸びた」と経験談を話した。

 一方で同団体所属の中小企業診断士が「会社を買う際は負債や売掛金がないかなど注意しなければならない点がある」とリスクも説明。参加した製造業の50代男性は「社内ではもちろんこのような話は普段できないので刺激になった。しかし何から始めればよいかわからないので、継続して参加したい」と振り返った。

 同団体は今後、2カ月に一度のペースで「起業カフェ」を継続していく。清水理事長は「社会の状況が変化する中で、私たち士業が提案できることのひとつとして企画した。このイベントが地域の活力になれば」と話した。

子母美の杜霊園(横浜市戸塚区)

平戸立体すぐ近く、大型駐車場あり。宗旨・宗派不問の霊園です。

http://www.daiki-s.co.jp/guide/index9.html

<PR>

戸塚区版のトップニュース最新6

沖縄の課題、小説で提起

矢部町照井さん

沖縄の課題、小説で提起 文化

無理解に危機感じ、執筆

6月10日号

水道料金値上げへ

横浜市

水道料金値上げへ 社会

7月利用分から1割増

6月10日号

糸のこ作品に思い込める

深谷町在住久野さん

糸のこ作品に思い込める 文化

大病を機に没頭

6月3日号

戸塚のシンボル、修繕へ

薬科大学図書館棟

戸塚のシンボル、修繕へ 社会

来年3月に完了予定

6月3日号

ハトのフン害対策に一手

戸塚駅周辺

ハトのフン害対策に一手 社会

商店主らがヒトデ活用

5月27日号

特例貸付 5.8万件に

特例貸付 5.8万件に 経済

コロナ禍 市内の申請増加

5月27日号

平成横浜病院

骨の心配ごとありませんか?

https://yokohamahp.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月10日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter