神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
戸塚区版 公開:2020年5月14日 エリアトップへ

戸塚図書館が文科大臣賞 子どもの読書推進に尽力

文化

公開:2020年5月14日

  • LINE
  • hatena
絵本コーナーを紹介する長谷川館長(左)と山崎祐司司書
絵本コーナーを紹介する長谷川館長(左)と山崎祐司司書

 戸塚図書館は4月23日、子どもの読書推進に大きく貢献したとして、文部科学大臣賞を受賞した。乳幼児対象の絵本講座の開講や、虐待防止などの啓発を本を通して行った特徴的な取組みなどが評価された。

 文科省では2002年より、子どもの読書活動を促すための優れた活動を行っている図書館、学校、団体や個人に対し大臣表彰を行っている。今回20年度は全国228の表彰者が選ばれ、横浜市内からは同館のほか、緑園東小学校・若葉台特別支援学校が受賞している。

地道な活動が実を結ぶ

 同館では区民に対する読書活動推進目標をもとに、特に子どもに向けた活動に注力してきた。

 3年前からは乳幼児の親子を対象にした「0歳からの絵本に親しむ講座」を開講。親子でコミュニケーションをとる楽しさを伝えようと、地域のコミュニティスペースやケアプラザと連携して行っている。

 そのほか昨年には、児童虐待やいじめ、家庭内暴力などをテーマとした児童書を「子どもSOSの本」と名付け、これら85冊が並ぶ展示コーナーを11月から12月にかけて設置。「社会問題に対して、図書館で何かできることはないか」との思いから、子どもの命を守ることの重要性を発信してきた。

 これらの特徴的な活動は、同館の児童書の貸出冊数増加の一因ともなっており、14年度から18年度の5年間では約2万冊増えている。個人だけでなく、読み聞かせのボランティアや教育団体などグループでの貸出利用も同様に増えており、子どもの読書活動推進に成果を挙げている。

 長谷川祐子館長は「数年間にわたった取組みなど地道な活動が、今回受賞となって評価されたのは非常に嬉しい。これからは大人や障害のある方などへの活動にもより注力していきたい。世の中が落ち着いたら多くの人に図書館に足を運んでもらいたい」と話した。

 同館は新型コロナ感染拡大防止対策のため、5月31日(日)まで臨時休館。(問)【電話】045・862・9411
 

戸塚区・泉区版のトップニュース最新6

古代の田植えを再現

舞岡公園

古代の田植えを再現

大学が実証研究

5月30日

不登校児に「居場所」

泉区に新拠点

不登校児に「居場所」

「寄り添い」で支援

5月30日

上飯田から全国優勝

中学女子硬式野球

上飯田から全国優勝

地域クラブの「オール京急」

5月23日

救急要請を“予防”

横浜市消防局

救急要請を“予防”

出場件数急増に危機感

5月23日

読書活動で文科大臣賞

戸塚区川上小

読書活動で文科大臣賞

端末活用し、言語力向上へ

5月16日

河川功労者表彰を受賞

泉区の水辺愛護会

河川功労者表彰を受賞

日頃の清掃活動など評価

5月16日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 5月9日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

戸塚区・泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

戸塚区・泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月30日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook