戸塚区版 掲載号:2020年11月19日号 エリアトップへ

県政報告 87 コロナから福祉の現場を守れ 神奈川県議会議員 北井宏昭

掲載号:2020年11月19日号

  • LINE
  • hatena

 コロナ禍においても、三密にならないとサービスを提供出来ないのが介護施設・障害者施設・保育園などの福祉施設です。本県では感染防止対策ガイドラインとチェックリストによって、徹底を図っているものの、現にクラスターは発生しています。コロナ後遺症の実態が明らかになるまでは、子供も大人も感染させたくありません。

 友人の保育士に尋ねたところ、「みんな諦めているし、とっくに感染しているかも」とのこと。このままでは、非接触型の「冷たい福祉」になりかねません。そこで過日の本会議で、福祉施設等における感染防止対策について提言しました。

空間対策が弱点

 課題は、ガイドライン+αの対策強化。現状の弱点は、マイクロ飛沫等の空間対策です。民間は積極的に研究しています。有益な情報を集め、本県独自の思い切った空間浄化に取り組めば、福祉も含めたすべての業種・業態にも効果的な神奈川モデルとなる可能性は十分にあります。国の動きを待たず、「さすが神奈川」と言われるレベルの対策を求めました。

縦割り行政を崩せ

 そもそも、福祉担当の行政職員に、専門外の感染防御策まで任せることに無理があります。これがまさに縦割り行政の弊害。県庁内には衛生管理の専門職員は存在します。必要に応じて対応させるべきです。人手不足ならば、外部からの応援でもいいのです。せっかく県にコロナ対策本部を設置したのだから、縦割りを打破し「クロスファンクション」を機能させるよう訴えました。

 県からの答弁は保身がちでしたが、攻めへの転換を促しました。

北井宏昭

戸塚区戸塚町3870‐1

http://www.kitai-hiroaki.jp

戸塚区版の意見広告・議会報告最新6

「こどもハッシン・プロジェクト」始動

横浜市会報告

「こどもハッシン・プロジェクト」始動

横浜市会議員 鈴木太郎

5月13日号

コロナ第4波から国民を守る、安全確実なワクチン接種の実現を

「脱炭素社会」目指す条例を

元ワーキングママがゆく 41 市政レポート

「脱炭素社会」目指す条例を

横浜市会議員 伏見ゆきえ

5月7日号

小中学校に夜間照明設置へ!

皆様の声をカタチに! 市政報告

小中学校に夜間照明設置へ!

横浜市会議員 中島みつのり

4月1日号

よこはま自民党『再エネ推進プロジェクト』始動‼

子ども達の、子ども達のために私たちができること

よこはま自民党『再エネ推進プロジェクト』始動‼

4月1日号

新年度予算を審議中です

県民のいのちと暮らしを守る 県政レポート

新年度予算を審議中です

県議会議員・松田よしあき

3月18日号

平成横浜病院

過度な受信控えは健康上のリスクを高める可能性があります。

https://yokohamahp.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 4月15日0:00更新

  • 4月8日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter