戸塚区版 掲載号:2021年5月7日号 エリアトップへ

汲沢町在住田中さん 「お家時間」は手芸を コロナで見直す日本文化

教育

掲載号:2021年5月7日号

  • LINE
  • hatena
田中さんが作り方を指導した手芸品。封筒の裏紙で作った「フォトフレーム」(上)と、空き缶をペイントした小物入れ
田中さんが作り方を指導した手芸品。封筒の裏紙で作った「フォトフレーム」(上)と、空き缶をペイントした小物入れ

 「第4波」といわれる新型コロナウイルス感染が拡大するなか、再び注目されているのが、「お家(うち)時間」だ。自宅での過ごし方はいろいろあるが、古くから家庭で親しまれてきた手芸に触れてみるのはどうだろう。区内で手芸教室を開いている田中綾子さん(汲沢町在住)に奥深さや楽しみ方を聞いた。

 「作っているときは集中しているので、不安なことも忘れられる。完成すると達成感も味わえます」。田中さんはコロナ禍での手芸が果たせる役割をこう話す。

 一人で、あるいは親子など少数単位で作業ができるのは、感染対策にもつながる。

 田中さんが勧める手芸は、100円ショップで手に入るような材料を使い、1時間程度で誰もが簡単に作れるもの。例えば封筒の裏紙で可愛らしい花を作り、購入したフレームに貼り付ければ洒落た「紙製花のフォトフレーム」の完成だ。田中さんは「この機会に素朴な楽しみを体験してほしい」と笑顔で語る。

心の安定化につながる

 1973年に東京都で生まれた田中さん。物心ついた頃はまだ「昭和の香り」が濃厚に残る時代だった。小学生から家庭科が好きになり、高校の入学祝いには、ミシンを買ってもらう。以後バッグや洋服を作っていたという。大学卒業後出版社勤務を経て、レコードからCDに音源を編集する会社に転職。そこで昭和歌謡などに触れるうち、改めて日本の文化に興味を持つ。「向田邦子作品のような世界観。私の母と同じように家事、子育てを大切にしたいと思った」。結婚後、戸塚区に居住し、子どもが小学生の頃には、学校の家庭科ボランティアを務めた。数年前に得意の手芸を生かした教室「クラフトケーション」を設立。現在は月に1回、旧戸塚区役所跡地にある「ONE

 FOR ALL横浜」で講座を開いている。

 田中さんは「物作りは原始的で心の安定化につながる。日本の家庭に脈々と続いてきたハンドメイドの素晴らしさを伝えたい」と話す。

 詳細は「クラフトケーション」で検索を。

「作業中は不安なことも忘れる」と田中さん
「作業中は不安なことも忘れる」と田中さん

戸塚区版のトップニュース最新6

大阪の美術展で知事賞

平戸依田さん

大阪の美術展で知事賞 文化

195人の中で最優秀

10月21日号

市が「防災力」認定制度

マンション

市が「防災力」認定制度 社会

来年1月に開始予定

10月21日号

自転車競技の大会で活躍

東俣野小松浦君

自転車競技の大会で活躍 スポーツ

LA五輪出場狙う

10月14日号

市、バス維持への意見募る

区南西部路線

市、バス維持への意見募る 社会

運行効率化図る

10月14日号

切断障害者 遠藤氏を支援

区内商店主ら

切断障害者 遠藤氏を支援 スポーツ

W杯(サッカーワールドカップ)見据え練習に協力

10月7日号

「ベイジュニ」に選出

戸塚小河内君

「ベイジュニ」に選出 スポーツ

950人の中から区内唯一

10月7日号

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月30日0:00更新 社会

  • 9月2日0:00更新

戸塚区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

戸塚区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook