神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
戸塚区・泉区版 公開:2023年11月16日 エリアトップへ

区内46団体 新形態の活動紹介展 最適手段模索し、21日から

文化

公開:2023年11月16日

  • X
  • LINE
  • hatena
展示チラシを準備する出展者
展示チラシを準備する出展者

 11月21日(火)から区内とその近隣に拠点を置く46団体による「活動紹介展」が始まる。これまで「とつかお結び広場」として親しまれてきたが、今回初めて会期・会場を3つに分けて実施、イベント名も一新した。地域活動の縮小などが続いたコロナ禍を経て、より多くの人に活動を知ってもらうことが狙い。

 主催は区と、とつか区民活動センター。13年間行われていた「とつかお結び広場」は、区総合庁舎などを会場に1日のみの開催で、約100の出展団体、来場者数3000人以上を数えた。

 しかし、コロナ禍で状況は一変。イベントはもちろん、活動そのものやメンバー募集の機会縮小・オンラインのみでの開催が続いた。

 そのような状況を踏まえ、今回初めて会期と会場を3つに分ける新たな形で実施される。普段なじみがない人にも取り組みを広め、認知・参画してもらうために、規模の拡大が図られた。

 当日は、創作や研究、ボランティアなどさまざまな地域活動を行う46団体が参加する。またウェブ上の特設ページからも団体のチラシと詳細が確認できる=表参照。担当者は「コロナ禍を経て、どのような場合にも対応できる新たな開催方法を模索してきた」と振り返る。

チラシ制作で今後も視野

 有人開催ができなくなった場合も考慮し、今年はチラシ展示をメインに開催される。さらに「縦形のチラシに統一することで、イベント終了後も広報活動に使用できる」と担当者。

 また、実際に活動の一部を体験したり、当日出展者と話したりできる機会を設けるなど、地域活動に関心がある人と、取り組みをアピールしたい団体とが、相互に交流を深めることができる。

 7月に行われた事前説明会では、出展者同士でイベントタイトルや開催内容などを話し合う時間も設けられ、新たな開催形式に向けて、各団体・主催者が一丸となって準備を進めてきた。9月には主催側がチラシ作成の講習会を行い、参加団体は二次元コード作成やデザインなどを学ぶことで、効果的なチラシ作りに注力した。

 担当者は「あなたの人生を変える出会いがあるかもしれません。イベント期間中のボランティアも募集中です。気軽にお越しください」と呼びかけている。

有隣堂 楽しい講座がいっぱい!

おすすめ1DAY講座。夏から新しいこと始めよう

https://www.ms-yurindo.jp/shop_classroom/totsuka_cc/

グループホーム横浜名瀬・彩り

横浜市戸塚区名瀬町793−2 045-810-6868

https://www.gh-nase.com/

<PR>

戸塚区・泉区版のトップニュース最新6

交信体験で「興味持って」

戸塚アマチュア無線クラブ

交信体験で「興味持って」

法改正受け、7月初開催

6月20日

今秋、一般供養復活へ

泉区宝心寺廻り地蔵

今秋、一般供養復活へ

地域の子どもの無事祈願

6月20日

障害乗り越え全国6連覇

戸塚町在勤・遠藤さん

障害乗り越え全国6連覇

「切断者」サッカーで代表も

6月13日

「誰でも通園」6月下旬から

横浜市

「誰でも通園」6月下旬から

独自に「定期利用」を条件

6月13日

改修完了し、利用再開

戸塚公会堂

改修完了し、利用再開

座席、ステージも一新

6月6日

ソラトス開業は7月25日

ゆめが丘

ソラトス開業は7月25日

129店舗が出店

6月6日

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 5月9日0:00更新

  • 4月25日0:00更新

戸塚区・泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月26日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook