神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
戸塚区版 公開:2024年3月21日 エリアトップへ

災害応急用井戸 戸塚区内には211 発災時「生活用水」で活用

社会

公開:2024年3月21日

  • X
  • LINE
  • hatena
区内にある災害応急用井戸(上)。プレートが掲示されている。
区内にある災害応急用井戸(上)。プレートが掲示されている。

 能登半島地震発生から間もなく3か月。いまなお、住民の大きな困りごとの1つが、水道復旧の遅れだ。いつも通りに水が使えない状況は生活の質を下げることに直結してしまう。横浜市が進めている「災害応急用井戸」をご存じだろうか。現時点で戸塚区内に211あるこの井戸を取材した。

 市内の個人敷地内を中心に1873ある「災害用応急井戸」(2023年3月31日時点)。1995年1月に発災した「阪神・淡路大震災」を受け、横浜市が非常時に水を確保する対策の1つとして、同年4月以降に始めた制度だ。市や区が地域住民に募集の広報をしたほか、自治会町内会からも協力の呼びかけを行ったという。トイレや屋外の清掃などに活用する「生活用水」と位置付け、飲用や炊事用、食器洗浄用には使用しないこととしている。

指定までの流れ

 市が指定するまでの流れはこうだ。▽制度に賛同した井戸所有者が区の福祉保健センター生活衛生課へ申出▽同課職員による井戸の調査▽指定要件を満たしている場合は指定(満たさないときは改善策を助言)▽「災害用井戸協力の家」プレートの提供--となる。

 所有者や管理者がいる市内の井戸(湧水)であることのほか、pHや臭気などの「水質」、防水密閉や井戸を汚染するようなものが周囲にない「構造」が基準となる。

年々減少へ

 区によると、区内の同井戸数は、2021年3月31日時点では231あったが、2023年同日は219、現時点では211となっており、年々数が減ってきているのが現状だ。区はその理由を、土地所有者が代替わりした際に保有を中止したことなどによるものとみている。また、課題として井戸水の汲み上げが電動式のものがあるため、停電時は活用がしづらくなると予想される。

 柏尾町で同井戸を提供する住民は「昭和30年代に掘った。時代の移り変わりで周辺でも何件か井戸をやめてしまったところがある。うちは電動式で市から非常用バッテリーの提供があると助かる」と話した。

 区担当者は「『困ったときはお互い様』で提供者は協力していると思う。災害時に使用する場合は所有者に配慮を。また、協力者を随時募集している」と語る。

 区・市内の同井戸の所在地は市のHP内に掲示されている。

戸塚区・泉区版のトップニュース最新6

母校・明学の応援歌制作

スカパラ・茂木欣一さん

母校・明学の応援歌制作

戸塚で学生とお披露目

4月11日

開校式で新たな一歩

いずみ野小学校

開校式で新たな一歩

「学校の良さ2倍に」

4月11日

開通に喜びの声

不動坂交差点歩道橋

開通に喜びの声

関係者が「渡り初め」

4月4日

精神障害サッカーで全国へ

飛田秀樹さん(泉区岡津町)

精神障害サッカーで全国へ

「喜び分かち合いたい」

4月4日

多目的広場が公開

舞岡八(はち)幡(まん)山しぜん公園

多目的広場が公開

団体利用は5月開始予定 

3月28日

支援続けて10周年

発達障害がある家族持つ人

支援続けて10周年

区内で活動 動画を制作

3月28日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月4日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

戸塚区・泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

戸塚区・泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook