神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
戸塚区・泉区版 公開:2024年4月4日 エリアトップへ

飛田秀樹さん(泉区岡津町) 精神障害サッカーで全国へ 「喜び分かち合いたい」

スポーツ

公開:2024年4月4日

  • X
  • LINE
  • hatena
ユニフォーム姿の飛田さん
ユニフォーム姿の飛田さん

 泉区岡津町在住の飛田秀樹さん(25歳)が4月13日から佐賀県で行われるソーシャルフットボールの全国大会に出場する。同競技は精神障害を抱えた人が参加できるフットサルで、2017年に準優勝の経験もある飛田さんは「今度は優勝できたら」と意気込む。

 飛田さんは新横浜などで活動するソーシャルフットボールチーム「FC PORT(ポルト)」に所属。同競技は男女混合6人制(男子のみの場合は5人)で行われ、チームは昨年11月の関東大会で準優勝となり、全国の切符を手にした。

 幼い頃に診断を受けて発達障害に起因するコミュニケーションの難しさなどを抱えていた飛田さん。幼稚園に通っていた頃、「友達のシュートがうまくて、自分もそれに憧れた」ことがきっかけでサッカーを始めたという。小学生時代は強豪チームに所属したが、中学生の時にクラブチームで挫折も経験した。

 「勝っても負けても、今日は良い試合だったとか、あのプレーは良かったとか、そういうのを仲間と分かち合うのがサッカーの面白さ」。そう話す飛田さんにとって、中学時代はチームメイトもライバルとなり、その楽しさが薄れていった。そんな時に出会ったのが現チームのポルトだった。

 大人ばかりのチームに入り当初は戸惑いもあったが、「やっていくうちに、人のいいチームだと思った」と飛田さん。母の美奈子さんも「チームに入ってなかったら、今みたいに会社で働けていたかどうか」と語る。

 チーム練習以外に自主トレにも励む飛田さん。「日本代表も目標に頑張りたい」と力を込める。

戸塚区・泉区版のトップニュース最新6

母校・明学の応援歌制作

スカパラ・茂木欣一さん

母校・明学の応援歌制作

戸塚で学生とお披露目

4月11日

開校式で新たな一歩

いずみ野小学校

開校式で新たな一歩

「学校の良さ2倍に」

4月11日

開通に喜びの声

不動坂交差点歩道橋

開通に喜びの声

関係者が「渡り初め」

4月4日

精神障害サッカーで全国へ

飛田秀樹さん(泉区岡津町)

精神障害サッカーで全国へ

「喜び分かち合いたい」

4月4日

多目的広場が公開

舞岡八(はち)幡(まん)山しぜん公園

多目的広場が公開

団体利用は5月開始予定 

3月28日

支援続けて10周年

発達障害がある家族持つ人

支援続けて10周年

区内で活動 動画を制作

3月28日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 4月4日0:00更新

  • 3月28日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

戸塚区・泉区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

戸塚区・泉区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook