保土ケ谷区版 掲載号:2012年6月14日号
  • googleplus
  • LINE

川島町「元気村」 泥んこで田植え体験 鈴木区長も参加

文化

雨の中作業に励む子ども達(竹内弘和氏提供)
雨の中作業に励む子ども達(竹内弘和氏提供)

 保土ケ谷区内に残る唯一の水田を利用して、農業体験などを行っている「ほどがや☆元気村」(川島町)で6月9日、恒例の田植えが行われた。

 相鉄・西谷駅近くの同所では、地域の人々に農業の大切さを伝えようと、子ども達の体験教室を実施。2008年から始まったこの事業では、水田の所有者である川島町在住の三村敦夫さんを始め、地元農家の協力の下、田植えや稲刈り、畑作業など、年間を通した農業体験に取り組んでいる。

 田植えは、1年間でもメーン行事のひとつで、毎年たくさんの参加者が集まり賑わいをみせる。5年目を迎えた今年は、40人近くの子ども達を始め、多くの地元住民が「村」に集合。あいにくの雨天にも負けず、泥だらけになりながら一生懸命苗植えに挑戦した。

 また鈴木和宏保土ケ谷区長も駆けつけ、子ども達とともに、自然に囲まれたひとときを楽しんでいた。

 今後は秋の収穫に向け、かかし作りなどにも取り組んでいくという。
 

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6件

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク