保土ケ谷区版 掲載号:2012年6月14日号
  • googleplus
  • LINE

保土ケ谷署 「趣味の会」立ち上げ 地域の「和」を強化

社会

本紙記者(左)も”スポチャン”にチャレンジ
本紙記者(左)も”スポチャン”にチャレンジ

 保土ケ谷警察署(福井隆署長)がこのほど、署内で「趣味の会」を発足。署員にアンケートを行い、寺社仏閣めぐりや家庭菜園など、およそ20の会が作られた。

 この「趣味の会」は、署員同士の関わり合いを増やし、さらに円滑な業務に繋がれば、と4月に就任した署長が自ら発案したもの。「こういった課を超えての活動は柔道・剣道部以外はあまり無い。県内でも珍しいのでは」と福井署長。自身も参加するスポーツチャンバラの会に関しては希望者がいれば地元住民も参加できるという。また、家庭菜園の会では、グリーンカーテンをかねてゴーヤやトマトを栽培中。順調に育てば、夏に収穫して地域の方への配布も検討している。

 石神邦彦副署長は「署内はもちろん地域の方との情報交換の場にできればと思います。まだ発足したばかりなので、定期的に報告会などを行いながら、この活動が続くように試行錯誤したい」と話している。
 

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6件

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク