保土ケ谷区版 掲載号:2012年6月21日号
  • googleplus
  • LINE

「夏の事故」から子ども守れ 区社協が安全講習会

社会

 保土ケ谷区社会福祉協議会(山崎滋会長)が7月17日(火)、川辺町「かるがも」を会場に「幼児安全法講習会」を実施する(参加無料)。

 夏の到来を前に、水難事故など子どもが遭いそうなアクシデントを想定し、その対処策をレクチャーするこの企画。当日は保土ケ谷消防署協力の下、水の事故に遭遇した際に役立つ心肺蘇生法について、幼児サイズの人形でAEDの使用方法を習得できる。また、やけどや誤嚥(ごえん)の対処法や救急車を呼ぶタイミングなどについて署員から話を聞く事ができるほか、個々のケースにあわせて質問などにも応じてくれる。

 開催時間は午前10時から11時半で先着25名の定員制。参加に関する詳細は【電話】045・341・9876/区社会福祉協議会まで。
 

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6件

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク