保土ケ谷区版 掲載号:2012年10月18日号
  • googleplus
  • LINE

自衛消防隊員が奮闘 今年も「訓練競技会」

社会

参加者は真剣そのもの
参加者は真剣そのもの

 県立保土ケ谷公園(花見台)で9月25日、区内の自衛消防隊が日頃の訓練の成果を披露する「消防技術訓練会」が行われた(主催・保土ケ谷区自衛消防組織連絡協議会、および保土ケ谷消防署、後援・保土ケ谷火災予防協会)。

 保土ケ谷区内にある事業所の従業員で組織される「自衛消防隊員」が参加し、定期的に実施されているこの催し。日頃の成果を発揮すべく、消火技術をタイムや得点に換算する形式でその訓練技術を競い合った。

 このうち「消火器の部」ではレジデンシャル常盤台、「屋内消火栓I(女性の部)」では聖隷横浜病院、「屋内消火栓II(男性、または男女混成の部)」では横浜ビジネスパークの自衛消防隊がそれぞれ最優秀賞を受賞。10月26日に開催される横浜市消防操法技術訓練会に保土ケ谷区代表として出場する事となった。
 

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6件

妙法院の永代供養墓 

三ツ境駅からバス約5分。緑豊かで静謐・荘厳な永久納骨廟は25万円~。

http://www.myo-ho-in.com/

<PR>

保土ケ谷区版の関連リンク

あっとほーむデスク

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年2月15日号

お問い合わせ

外部リンク