神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
保土ケ谷区版 公開:2013年10月10日 エリアトップへ

天王町 「ちょい呑み」を初開催 商店街の活性化めざす

文化

公開:2013年10月10日

  • LINE
  • hatena
イベントのチラシを手にする仮屋実行委員長(右)と富樫さん(左)
イベントのチラシを手にする仮屋実行委員長(右)と富樫さん(左)

 複数の飲食店で、はしご酒を楽しむイベント「ちょい呑みフェスティバル」が11月5日(火)と6日(水)、区内・天王町駅の周辺で開催される。保土ケ谷では初の試み。関係者は、商店街の活性に役立てたいと準備に力を入れている。

 「ちょい呑み」は藤沢市が発祥とされ、大和市、相模原市などに広まったもの。横浜市内では旭区などでも既に開催されている。

 3枚つづりのチケットを購入し、1枚につき各店舗が用意するワンドリンクとおつまみ1品を楽しめる仕組み。イベントには天王町駅周辺の40店舗が参加し、来場者に複数の店舗を巡ってもらうことで、商店街全体の活性を狙う。

 発足のきっかけとなったのは、今年7月に商店街の飲食店関係者が集まった会議。経営の課題などを話しあう中で、若手メンバーから「ちょい呑み」の提案が出た。その後「先輩」である藤沢のイベントスタッフらと面会するなど勉強を重ね、初開催に漕ぎ着けた。

 目標に掲げた「40店舗以上参加」には、20年以上の歴史を持つ寿司店「冨がし」の店主・富樫啓三さんが尽力。イベントをさらに盛り上げるため、橘樹神社でのミニコンサートや露店を企画しているほか、一部店舗では地元企業「たにや」の明太子や、ブランド野菜「羽沢育ち」などの地産食品をメニューに取り入れる準備を進めている。

 実行委員長を務める唐揚げ店「えぞや」店主の仮屋良浩さん=人物風土記で紹介=は「2回、3回と継続できれば」と話している。

 チケットは、3枚つづりで2500円(前売りは2400円)。参加店舗などで10月10日から販売を開始する。問合せは【電話】045・332・7211へ。

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

茶栽培の歴史 後世へ

新井町

茶栽培の歴史 後世へ

地元の児童が新茶摘み

5月16日

川島町の林縁に大輪

準絶滅危惧種「カザグルマ」

川島町の林縁に大輪

市内唯一の自生地

5月16日

家庭との連絡法を統一

横浜市立学校

家庭との連絡法を統一

アプリ活用で新システム

5月9日

はしご酒でほろ酔い

天王町商店街

はしご酒でほろ酔い

今週末 「ちょい呑みフェス」

5月9日

区制100周年へ第一歩

区制100周年へ第一歩

実行委員会立ち上がる

5月2日

「後輩のために」20年

西谷中同窓会

「後輩のために」20年

今年も支援金を寄付

5月2日

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 4月11日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook