神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
保土ケ谷区版 公開:2014年6月12日 エリアトップへ

県立保土ケ谷公園で個展を開催している「Ouma(オーマ)」さんこと 小俣 知子さん 都内在住 35歳

公開:2014年6月12日

  • LINE
  • hatena

つながりから夢を実現

 ○…臨床獣医として「細胞病理学」を勉強した経験を活かし、細胞をモチーフとした作品を手掛ける。先日開催したワークショップでは、子どもたちに想い想いの色を使ってもらい一つの作品に仕上げた。「自由に遠慮なく描いてほしいと言ったら、本当に楽しそうにやっていた」と喜ぶ。個人でワークショップを主催したのは今回が初めて。「ここは緑も多く、近くに野球場もある。スポーツと芸術が近くにある環境に感銘を受けた」と話し、自分のスタートの場所として今後も関わっていきたいという。

 ○…大学卒業後は臨床獣医として働いた。患者(動物)の死を経験した時に「そのまま終わってしまうことが嫌」だと感じ、患者の絵を描いて家族にプレゼントした。それが非常に喜ばれ、以降、毎回プレゼントするように。獣医の仕事はただ患者の怪我や病気を治すだけではなく、家族を癒すことが大切だと気づいた。「今の活動も、人を癒すという意味で獣医のとしての仕事だと思っている」

 ○…現在、「NYにある願いの壁『Wishing Wall』にみんなの夢を掲げよう」というプロジェクトを立ち上げ、ネットを使ってスポンサーを募っている。「もっと誰もが夢を語れるような社会にしたい。声を上げれば、何かしら助けてくれる人が出てくる」と熱く語る。7月には自身の夢であった「NYでの個展」が実現する。これも、夢を公言したことで助けを得られたおかげだという。

 ○…「刺激のある環境に住みたいから」とシェアハウスで暮らす。様々なアイディアを持つ仲間と関わることで、新たなつながりも生まれて動きやすい。最終的な夢は「世界で1番多くの国と地域で展示された作家になること」。病院の壁など、その後に残る場所で制作したいという。「絵を描くことで、それが新たな観光資源になることも」と、発展途上国の未来をも見据える。まだまだやりたいことは山積みだ。

保土ケ谷ほっとなまちづくり

こどもたちが自分たちのまちほどがやについて話し合いました

<PR>

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

綿貫 展久さん

くぬぎ台団地の「木曜市」などに参加し、食を通じた地域活性化に取り組む

綿貫 展久さん

坂本町在勤 52歳

2月22日

家田 昌利さん

能登半島地震の緊急消防援助隊神奈川県大隊の第二次派遣で大隊長を務めた

家田 昌利さん

59歳

2月8日

上野 誠也さん

横浜国立大学大学院の名誉教授で、無人探査機「SLIM」の月面着陸に貢献した

上野 誠也さん

66歳

2月1日

萩原 幸雄さん

第73代(一社)横浜青年会議所の理事長に就任した

萩原 幸雄さん

39歳

1月25日

古謝 樹(こじゃ たつき)さん

ドラフト1位でプロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスに入団する

古謝 樹(こじゃ たつき)さん

保土ケ谷区出身 22歳

1月18日

中村 好美さん

2023年度社会福祉功労者に対する厚生労働大臣表彰を受けた

中村 好美さん

新桜ケ丘在住 74歳

1月11日

そのお悩み、相談してみませんか?

相続や不動産、終活の悩みに専門家が対応。松原商店街「まつばらんど」

https://www.tailwind-yokohama.jp/ma2baland/matsubaland/free-consullting/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月22日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

上菅田で交流企画

上菅田で交流企画

24日、入場無料

2月24日~2月24日

保土ケ谷区版のイベント一覧へ

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook