保土ケ谷区版 掲載号:2020年1月23日号 エリアトップへ

和田の若手眼科医3人 ベトナムで国際医療活動 医療後進地域で白内障の無償手術

社会

掲載号:2020年1月23日号

  • LINE
  • hatena
十分な機器が揃うわない中で手術を行う3人
十分な機器が揃うわない中で手術を行う3人

 和田の3人の眼科医がベトナムの医療後進地域を訪れ、無償で白内障の手術を行うボランティア活動を続けている。

 眼科医が不足しているベトナムではハノイなど大都市を除く地域では充実した眼科治療を受けることは難しい状況にある。白内障は手術を施せば、視界を回復することができる病気ではあるが、同国内では年間50万人ほどが失明しているという。

 昨秋、和田に開業した清水映輔さん・矢津啓之さん・明田直彦さんの3人は2017年から同国内でのボランティア活動に参加。昨年11月末には北部のハイフォン市内の病院で、日本国内とは異なり顕微鏡や手術機器の性能は十分とは言えず、使える道具が限られた中、現地スタッフと協力しながら2日間で約100件の手術を執刀した。

 清水さんらは「医療が充実していない地域での活動から学ぶことも多い。これからも国際医療協力活動や国内での啓発活動を続けていきたい」と話している。

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

コロナ禍でも楽しむ

コロナ禍でも楽しむ 社会

区役所がWEB上に集約

1月28日号

ほどがや弁当まつり開催中

【Web限定記事】コロナ禍で苦しい飲食店を支援

ほどがや弁当まつり開催中 社会

2月1日からはカレーと中華

1月28日号

市内に特設交付拠点

マイナンバーカード

市内に特設交付拠点 社会

市、21年度に向け検討

1月28日号

コロナ禍での対策学ぶ

コロナ禍での対策学ぶ 社会

3月9日、減災運動推進大会

1月28日号

正しい知識で差別防ぐ

WEB人権啓発講演会

正しい知識で差別防ぐ 社会

新型コロナ 専門家が解説

1月28日号

「ウッチー」クラブと地域繋ぐ架け橋に

【Web限定記事】横浜FC

「ウッチー」クラブと地域繋ぐ架け橋に スポーツ

「『横浜FCがあって良かったね』」と感じてもらえるように

1月28日号

あっとほーむデスク

  • 12月3日0:00更新

  • 11月19日0:00更新

  • 11月12日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク