保土ケ谷区版 掲載号:2020年1月23日号 エリアトップへ

和田の若手眼科医3人 ベトナムで国際医療活動 医療後進地域で白内障の無償手術

社会

掲載号:2020年1月23日号

  • LINE
  • hatena
十分な機器が揃うわない中で手術を行う3人
十分な機器が揃うわない中で手術を行う3人

 和田の3人の眼科医がベトナムの医療後進地域を訪れ、無償で白内障の手術を行うボランティア活動を続けている。

 眼科医が不足しているベトナムではハノイなど大都市を除く地域では充実した眼科治療を受けることは難しい状況にある。白内障は手術を施せば、視界を回復することができる病気ではあるが、同国内では年間50万人ほどが失明しているという。

 昨秋、和田に開業した清水映輔さん・矢津啓之さん・明田直彦さんの3人は2017年から同国内でのボランティア活動に参加。昨年11月末には北部のハイフォン市内の病院で、日本国内とは異なり顕微鏡や手術機器の性能は十分とは言えず、使える道具が限られた中、現地スタッフと協力しながら2日間で約100件の手術を執刀した。

 清水さんらは「医療が充実していない地域での活動から学ぶことも多い。これからも国際医療協力活動や国内での啓発活動を続けていきたい」と話している。

保土ケ谷区版のローカルニュース最新6

ハロウィン気分を満喫

ズーラシア

ハロウィン気分を満喫 社会

28日・29日は特別ガイド

10月21日号

「専門性持つ多機関 連携を」

市内虐待対応医

「専門性持つ多機関 連携を」 社会

相談件数が年々増加

10月21日号

クイズラリーを開催中

横浜FC×区内商店街

クイズラリーを開催中 社会

抽選でプレゼントも

10月21日号

スマホで横浜港散策

【Web限定記事】

スマホで横浜港散策 社会

市、音声で歴史解説

10月21日号

行政書士による無料相談会

始めよう買い物時の「てまえどり」

「誰かじゃなく、私から」

始めよう買い物時の「てまえどり」 社会

10月は「食品ロス削減月間」

10月21日号

公明党西横浜総支部

ワクチンといえば公明党。ワクチンだけじゃない公明党。

https://www.komeinishiyoko.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月14日0:00更新

  • 9月16日0:00更新

  • 9月9日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook