神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
保土ケ谷区版 公開:2021年12月9日 エリアトップへ

上星川満天の湯 「ゆず、お譲りください」 冬至を前に呼びかけ

文化

公開:2021年12月9日

  • X
  • LINE
  • hatena
自宅の浴槽とは違った大きなお風呂で贅沢なゆず湯を楽しむことができる
自宅の浴槽とは違った大きなお風呂で贅沢なゆず湯を楽しむことができる

 上星川の温浴施設「天然温泉満天の湯」では今年も冬至の日となる12月22日(水)に「みんなでつくるゆず風呂」と銘打った企画を実施する。「地域住民からゆずを譲り受け、黄金色の風呂を楽しんでもらおう」という取り組みで、17日(金)から20日(月)まで、ゆずの提供を受け付ける。

 リラックスや血行促進などの効果があり冬至に入ると無病息災で長生きできると言い伝えられているゆず湯自体は2005年の開業当初から行っていたが10年前、来店客の一人から自宅で収穫したゆずの提供を受けたのを機に「地域参加型で風呂を楽しんでもらえたら」と始まった取り組みで、回を重ねるごとに提供量は増加。多い年には1千kgを超えるゆずが集まった。

 イベント当日には浴槽を埋め尽くすほどのゆず湯が完成し、多くの来店客が家の風呂とは一味違った豪華な季節行事を堪能している。

 コロナ禍で昨年は中止となったが、今冬は2年ぶりにゆずの提供を受け付ける。提供を希望する人は17日から20日までの募集期間中に店舗に直接持参する(宅配・引き取りは不可)。2kgごとに提供特典として同施設の入浴招待券が1枚進呈される(提供受付は10kgまでで招待券の進呈は上限5枚)。

 久下沼伊織常務取締役は「今年は多くの方に地域の皆さまと創り上げた香り豊かなゆず風呂をお楽しみいただき、無病息災を願いたい」と話している。問い合わせは同施設【電話】045・370・4126へ。

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

社屋ビル屋上に養蜂場

和田昭和建設(株)

社屋ビル屋上に養蜂場

今季初の採蜜で9kg

5月23日

高齢者に増加傾向

市内の消費生活相談

高齢者に増加傾向

4コマ漫画等で注意喚起

5月23日

茶栽培の歴史 後世へ

新井町

茶栽培の歴史 後世へ

地元の児童が新茶摘み

5月16日

川島町の林縁に大輪

準絶滅危惧種「カザグルマ」

川島町の林縁に大輪

市内唯一の自生地

5月16日

家庭との連絡法を統一

横浜市立学校

家庭との連絡法を統一

アプリ活用で新システム

5月9日

はしご酒でほろ酔い

天王町商店街

はしご酒でほろ酔い

今週末 「ちょい呑みフェス」

5月9日

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 4月11日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook