神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
保土ケ谷区版 公開:2023年9月14日 エリアトップへ

神奈川県行政書士会横浜中央支部の支部長に就いた 海原 比呂志さん 中区在勤 65歳

公開:2023年9月14日

  • LINE
  • hatena

「決めたらブレない」

 ○…「身近な街の法律家」として、各種許認可申請や相続・遺言等の相談に対応する行政書士。保土ケ谷・中・西区内の約400人が所属する「神奈川県行政書士会横浜中央支部」の支部長に就いた。船出を前に課題を抽出し、17の具体的な施策案を掲げた。テーマに掲げるのは「シン・横浜中央支部〜チャレンジを惜しまない〜」

 ○…高校時代に所属した山岳部の活動で山を歩いている最中、顧問が発した一言が将来の道を模索していた青年の「迷い」を消した。「君は法律に向いてる」。進学した法学部で二つ目の転機が。「秋にある行政書士か宅建の試験に合格したらこの授業の成績を『優』にしてやろう」。2年次に受講したある講義の中で担当教授からの提案を受け、夏休み期間を準備に充て見事、行政書士試験に合格。「決めたらブレない」性格が強さを見せた。「『優』はもらえなかったけど」

 ○…「『隊長』って呼ばれていてね」。独立後、高校時代の同級生と共にハイキング部を立ち上げ月に一度、野山を歩く。コロナ禍は活動ができなかったが、活動実績をまとめた1冊のファイルを捲りながら話す柔らかな口調は、50年経っても交流が続く青春時代を共にした仲間の存在の大きさを感じさせる。

 ○…商社に就職し長きに渡り不動産部門で実績を積んだ。入社30年を前に夫婦2人の今後の人生を思案し、53歳にして行政書士事務所を開設。会社員時代の経験を活かした仕事に取り組みながら、支部活動にも尽力。副支部長などを歴任してきた。支部会員はライバルとなる存在だが互いに補い合う存在だという。特に独立したての会員には自身の経験を踏まえ積極的にアドバイスを送る。その姿勢にリーダーとしての気質を見る。

保土ケ谷区版の人物風土記最新6

加藤 和さん

アートホールで開かれるDVD鑑賞会の上映前に舞台に立ち作品紹介する

加藤 和さん

花見台在勤 62歳

4月11日

山本 将大さん

ダウン症のドラマーで、地域を拠点にバンド活動を行っている

山本 将大さん

仏向町在住 18歳

4月4日

竹内 一郎さん

能登半島地震の医療災害対策本部DMAT本部長を務めた

竹内 一郎さん

横浜市立大学附属病院勤務 51歳

3月28日

伊藤 奈美さん

子育て中の親子に交流の場などを提供する「パオパオの木」の代表を務める

伊藤 奈美さん

狩場町在住 53歳

3月21日

木村 勝義さん

相鉄線和田町駅前の美化活動に尽力する「タクシー乗場委員会」の委員長を務める

木村 勝義さん

65歳

3月14日

山口 亮子さん

星川商店会が開講中の企画「まちゼミ」で中心的役割を担っている

山口 亮子さん

星川在住 46歳

3月7日

中古住宅買取りならテイルウィンド

法的手続きもサポート 片付いていない古い家もそのまま売却できます

https://www.tailwind-yokohama.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 4月11日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

  • 3月21日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年4月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook