神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
保土ケ谷区版 公開:2023年11月16日 エリアトップへ

おいでよリプラ保土ケ谷 交流スペースを試験開放

社会

公開:2023年11月16日

  • X
  • LINE
  • hatena
利用を呼び掛ける住宅供給公社の職員ら
利用を呼び掛ける住宅供給公社の職員ら

 今年4月に開業したJR保土ケ谷駅東口の複合施設「リプラ保土ケ谷」を管理する横浜市住宅供給公社は、11月中の毎週火曜日限定で、同施設の1階にある地域交流スペースを試験的に開放している。

 地域交流スペースはバックヤードを除き広さ約47平方メートル。隣接する公開空地と連携でき、会議などのほか展示や体験などのイベントスペースとしても活用可能なもの。

 同公社および近隣自治会や地元まちづくり団体からなる協議会がスペースの管理運営を担っており、現在は協議会加盟の団体のみ使用することができる。これまでには町内会の定例会や瀬戸ヶ谷町自治会によるチャリティイベント、ほどがや・人・まち文化振興会らによる「ごうど市」などが行われた。

 施設開業から半年が経過。バスターミナルに隣接する立地ながらも「まだまだ認知度に課題がある」と同公社の担当者は話す。そこで周辺住民や地域活動をしている人たちにスペースの存在を知ってもらうことを目的に、今回「地域開放DAY」と題し11月の火曜日限定で施設開放を行うことにした。

 初回となった7日は、バスを待つ人などが「一度見てみたかった」と見学に訪れた。鎌倉でコミュニティスペースを運営しているという女性は「隣接するカフェでチラシを見て訪れた。雰囲気も良さそうで気になっていたので、具体的に利用を考えていきたい」と同公社の職員に詳細を訪ねていた。

 残りの開放日は21日と28日。時間は午後2時から5時まで。スペース内では保土ケ谷地域の昔の写真なども展示されている。施設開放に関する問い合わせは横浜市住宅供給公社【電話】045・451・7740へ。

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

町内会費 「PayPay」で

岩井町原第一町内会

町内会費 「PayPay」で

役員、住民双方の負担減に

6月20日

夏休みに昼食提供へ

学童キッズクラブ

夏休みに昼食提供へ

保護者の負担軽減に

6月20日

「こども・若者・女性」に重点

横浜市自殺対策

「こども・若者・女性」に重点

社会情勢変化に対応

6月13日

「珍花」 地域の話題に

星川の倉根さん宅

「珍花」 地域の話題に

「数十年ぶりに咲いた」

6月13日

保土ケ谷区内勢が力示す

高校陸上県総体

保土ケ谷区内勢が力示す

12種目で関東大会出場権

6月6日

「健診未受診」に不安の声

市立小中校の不登校者増

「健診未受診」に不安の声

市、他事例調査し取組検討

6月6日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月20日0:00更新

  • 6月13日0:00更新

  • 5月16日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook