神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
保土ケ谷区版 公開:2024年1月25日 エリアトップへ

新井町風の丘 だるま市に出品 白根不動尊で28日

文化

公開:2024年1月25日

  • X
  • LINE
  • hatena

 新井町にある障害福祉サービス事業所「風の丘」(運営/社会福祉法人白根学園)で働く知的障がい者らにより制作される「白根だるま」が、初不動となる1月28日(日)に開かれる白根不動尊(旭区白根3の26の1)のだるま市で販売される。

 知的・身体障がい者が在籍している「風の丘」ではボールペンの組み立てや封筒製作、パソコンの解体などの業務に60人が従事している。50年ほど前から続く「白根だるま」の制作はその業務の一つだ。現在は20代から60代の利用者15人が作業に従事し、高さ10cm・幅11cmの1号だるまから、高さ43cm・幅37・5cmの15号まで16種類。招き猫や干支だるまのほか、豆だるまなど、バラエティーに富んだ商品を生み出している。

完成まで1カ月

 素材となる紙製の卵パックを1日4時間、手やシュレッダーで細分化し、水に浸し成型、自然乾燥させた後、再び成形する作業を繰り返す型作りには1週間を要する。その後、色を塗りやすくするため上張り用の紙をだるまの型に重りとなる粘土を底に貼り付ける。

 その上で下塗り、上塗りの工程を経て仕上げの「顔書き」。全ての工程が手作業で、15号のだるまが完成するまでには1カ月かかるという。

1年かけ600体

 白根神社氏子会が主催する「だるま市」は新春の風物詩となる祭事だが、一度、途絶えてしまった歴史がある。これを惜しむ声が地域から上がり、当時、開所したばかりだった同学園では「地域に何か貢献できないか」と白根だるまの制作を開始。これを機に、だるま市が復活した。

 だるま作りは本来、門外不出の技術とされるが、当時、風の丘のスタッフらは、だるま制作にあたり、相州だるまの元祖で明治時代から伝わる「長嶋家」(平塚市)に通い詰め、教えを乞い、だるま作りの基礎を習得。利用者が製作できるようにオリジナルの製法へと移り変わった。

 毎年、600体を製造し、白根不動尊のほか、緑区の鴨井林光寺のだるま市や横濱酉の市などにも出品している。白根不動尊のだるま市は午前9時から午後3時まで。

保土ケ谷ほっとなまちづくり

こどもたちが自分たちのまちほどがやについて話し合いました

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

不要な絵本 必要な場に

初音丘学園「はつね文庫」

不要な絵本 必要な場に

教員、保護者ボラが活動

2月22日

特養待機者減へ新指針

横浜市

特養待機者減へ新指針

居住費などに独自助成

2月22日

能登半島地震受け再編成

横浜市予算案

能登半島地震受け再編成

地震防災対策を強化

2月15日

全焼の稲荷神社 再建へ

新井町

全焼の稲荷神社 再建へ

失意し3年、世話人ら奔走

2月15日

出産費最大9万円を助成

横浜市予算案

出産費最大9万円を助成

子育て支援強化へ

2月8日

救急出場 過去最多に

保土ケ谷消防署

救急出場 過去最多に

猛暑、感染症が影響

2月8日

そのお悩み、相談してみませんか?

相続や不動産、終活の悩みに専門家が対応。松原商店街「まつばらんど」

https://www.tailwind-yokohama.jp/ma2baland/matsubaland/free-consullting/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月22日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook