神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
保土ケ谷区版 公開:2024年2月1日 エリアトップへ

2023年食中毒患者数 市内で発症、前年比4倍超 市、SNS活用で啓発強化

社会

公開:2024年2月1日

  • X
  • LINE
  • hatena

 横浜市内で2023年中に食中毒を発症した人数が、前年比4倍を超える大幅増だったことが分かった。1月12日発表の市の速報値によると23年は475人で、近年最多だった16年の695人に次ぐ水準。市は昨年度からSNSなどを通じた予防啓発を強化しており、意識のさらなる向上を呼び掛けている。

 市の集計によると16年以降、市内での食中毒発症者数は減少傾向が続いていた。20年には93人にまで減り、44年ぶりに100人を下回っていた。

 ただ、21年には236人の発症を確認。22年には118人と前年から半減したものの、昨年は475人(集計は今年1月4日時点)と大幅な増加となった。

 患者数が急拡大した背景について市の担当者は、一般家庭での発症のほか「大勢が集団生活をしている施設で食中毒が発生してしまったため」と話している。市によると昨年12月、港南区内にある横浜刑務所内で285人が腹痛などの食中毒症状を発症していた。

 検査の結果、複数の患者から食中毒の原因となるウエルシュ菌が検出された。施設内で提供された料理にこの菌が多く含まれていたものとみられており、市保健所は同月25日、横浜刑務所内の調理施設に対し、給食の調理業務禁止処分を行った。

 ただ、同刑務所の事案を除いても23年の発症者数は190人と、前年を70人以上上回っていた。

映画館で啓発動画

 市民の食品衛生意識向上を目指し、市内の各福祉保健センターと各区食品衛生協会では昨年7月から11月に掛け、市内各地で予防キャンペーンを実施。クイズ形式で楽しみながら食品衛生について学べるイベントやパネル展示などを通じ、食中毒予防を呼び掛けた。

 また「食中毒ゼロ」を目指す市は昨年度、若い世代にも関心を高めてもらいたいと啓発動画を作成。YouTubeで配信したほか、昨年8月には中区内の映画館「横浜ブルク13」でも動画をCMとして発信した。

 さらにX(旧ツイッター)などのSNSでの啓発も強化しており、市食品衛生課は「来年度も予算を確保することができれば、動画などによる啓発活動を続けたい」としている。

保土ケ谷ほっとなまちづくり

こどもたちが自分たちのまちほどがやについて話し合いました

<PR>

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

不要な絵本 必要な場に

初音丘学園「はつね文庫」

不要な絵本 必要な場に

教員、保護者ボラが活動

2月22日

特養待機者減へ新指針

横浜市

特養待機者減へ新指針

居住費などに独自助成

2月22日

能登半島地震受け再編成

横浜市予算案

能登半島地震受け再編成

地震防災対策を強化

2月15日

全焼の稲荷神社 再建へ

新井町

全焼の稲荷神社 再建へ

失意し3年、世話人ら奔走

2月15日

出産費最大9万円を助成

横浜市予算案

出産費最大9万円を助成

子育て支援強化へ

2月8日

救急出場 過去最多に

保土ケ谷消防署

救急出場 過去最多に

猛暑、感染症が影響

2月8日

そのお悩み、相談してみませんか?

相続や不動産、終活の悩みに専門家が対応。松原商店街「まつばらんど」

https://www.tailwind-yokohama.jp/ma2baland/matsubaland/free-consullting/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 2月22日0:00更新

  • 2月8日0:00更新

  • 11月23日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年2月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook