神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
保土ケ谷区版 公開:2024年5月2日 エリアトップへ

区制100周年へ第一歩 実行委員会立ち上がる

社会

公開:2024年5月2日

  • X
  • LINE
  • hatena
初の実行委員会の様子
初の実行委員会の様子

 2027年10月の保土ケ谷区制100周年に合わせ、記念事業を行うための「保土ケ谷区制100周年事業実行委員会」が4月26日に設立され、第1回目となる委員会が開かれた。区内各種団体の代表者らが出席し、100周年事業の基本的な考え方などが示された。

 保土ケ谷区は横浜市の区制施行に伴い、1927年10月1日に、市内で最初の5区の一つとして誕生。3年後に区制施行100周年を迎える。実委会は区内の連合自治会や団体、企業などの代表者ら99人で構成。委員長には保土ケ谷区連合町内会長連絡会の堀功生会長が就いた。

 事務局となる区担当課は昨年度に行った区民や団体からの聞き取り調査などを通じて得た声を基に、「いつまでも住み続けたいまち ほどがやを 未来へ」という基本的な考え方を定めた。テーマである「未来」像に沿い「こども」「つながり」「魅力」の3つの部会が設置された。

3年前に設立の意味

 区制90周年に際して実委会が立ち上がったのは前年の5月。今回は3年前の設立となる。事務局となる区担当課はその意味について「区民に100周年を知ってもらう期間を十分にとり、区民と一緒に事業を展開していきたい」としている。

 100周年を機に区の公式マスコットキャラクターを作成する予定だ。デザイン案を区民公募し投票で選ばれたキャラクターの愛称を募り投票で決する計画だという。

保土ケ谷区版のトップニュース最新6

社屋ビル屋上に養蜂場

和田昭和建設(株)

社屋ビル屋上に養蜂場

今季初の採蜜で9kg

5月23日

高齢者に増加傾向

市内の消費生活相談

高齢者に増加傾向

4コマ漫画等で注意喚起

5月23日

茶栽培の歴史 後世へ

新井町

茶栽培の歴史 後世へ

地元の児童が新茶摘み

5月16日

川島町の林縁に大輪

準絶滅危惧種「カザグルマ」

川島町の林縁に大輪

市内唯一の自生地

5月16日

家庭との連絡法を統一

横浜市立学校

家庭との連絡法を統一

アプリ活用で新システム

5月9日

はしご酒でほろ酔い

天王町商店街

はしご酒でほろ酔い

今週末 「ちょい呑みフェス」

5月9日

あっとほーむデスク

  • 5月16日0:00更新

  • 4月11日0:00更新

  • 4月4日0:00更新

保土ケ谷区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

コラム一覧へ

保土ケ谷区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook